2018年12月13日 05時00分 公開
特集/連載

「Kubernetes」「Nomad」のマネージドサービスを比較 使い分けが進む?HashiCorpがリリース予定

NomadとKubernetesはコンテナ管理ツールだ。HashiCorpはマネージドNomadのリリースを予定しており、このサービスはクラウドベンダーが提供するマネージドKubernetesに対抗し得る。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

Docker | インフラ | サーバ仮想化


画像

 クラウド関連のソフトウェアベンダーHashiCorpのコンテナスケジューリングツール「Nomad」と、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」の比較が話題を集めている。しかしHashiCorpの創設者かつ共同最高技術責任者(CTO)のアーモン・ダドガー氏は、オーケストレーションには両ツールを併用できると話す。

 HashiCorpは各クラウドベンダーのマネージドKubernetesのようなサービス提供をNomadでも実施しようと計画している。これによりIT担当者はNomadをオーケストレーションに利用できるようになる。使いやすさはGoogleの「Google Kubernetes Engine」(GKE)などのマネージドKubernetesと変わらないという。

 ダドガー氏は、2018年10月後半に米サンフランシスコで開催されたHashiCorpの年次カンファレンス「HashiConf」で次のように語った。「NomadはKubernetesよりはるかに使いやすい。皆さんにその体験をしてもらうために、まずNomadの導入をお願いしたい。Kubernetesの導入が爆発的に増加したのはGKEなどのマネージドサービスのおかげだ。(中略)当社のマネージドNomadが、今後のNomadの導入増加に貢献すると考えている」

NomadとKubernetesの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...