2018年12月13日 05時00分 公開
特集/連載

HashiCorpがリリース予定「Kubernetes」「Nomad」のマネージドサービスを比較 使い分けが進む?

NomadとKubernetesはコンテナ管理ツールだ。HashiCorpはマネージドNomadのリリースを予定しており、このサービスはクラウドベンダーが提供するマネージドKubernetesに対抗し得る。

[Beth Pariseau,TechTarget]

関連キーワード

Docker | インフラ | サーバ仮想化


画像

 クラウド関連のソフトウェアベンダーHashiCorpのコンテナスケジューリングツール「Nomad」と、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」の比較が話題を集めている。しかしHashiCorpの創設者かつ共同最高技術責任者(CTO)のアーモン・ダドガー氏は、オーケストレーションには両ツールを併用できると話す。

 HashiCorpは各クラウドベンダーのマネージドKubernetesのようなサービス提供をNomadでも実施しようと計画している。これによりIT担当者はNomadをオーケストレーションに利用できるようになる。使いやすさはGoogleの「Google Kubernetes Engine」(GKE)などのマネージドKubernetesと変わらないという。

 ダドガー氏は、2018年10月後半に米サンフランシスコで開催されたHashiCorpの年次カンファレンス「HashiConf」で次のように語った。「NomadはKubernetesよりはるかに使いやすい。皆さんにその体験をしてもらうために、まずNomadの導入をお願いしたい。Kubernetesの導入が爆発的に増加したのはGKEなどのマネージドサービスのおかげだ。(中略)当社のマネージドNomadが、今後のNomadの導入増加に貢献すると考えている」

NomadとKubernetesの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...