「Kubernetes」「Nomad」のマネージドサービスを比較 使い分けが進む?HashiCorpがリリース予定

NomadとKubernetesはコンテナ管理ツールだ。HashiCorpはマネージドNomadのリリースを予定しており、このサービスはクラウドベンダーが提供するマネージドKubernetesに対抗し得る。

2018年12月13日 05時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

関連キーワード

Docker | インフラ | サーバ仮想化


画像

 クラウド関連のソフトウェアベンダーHashiCorpのコンテナスケジューリングツール「Nomad」と、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」の比較が話題を集めている。しかしHashiCorpの創設者かつ共同最高技術責任者(CTO)のアーモン・ダドガー氏は、オーケストレーションには両ツールを併用できると話す。

 HashiCorpは各クラウドベンダーのマネージドKubernetesのようなサービス提供をNomadでも実施しようと計画している。これによりIT担当者はNomadをオーケストレーションに利用できるようになる。使いやすさはGoogleの「Google Kubernetes Engine」(GKE)などのマネージドKubernetesと変わらないという。

 ダドガー氏は、2018年10月後半に米サンフランシスコで開催されたHashiCorpの年次カンファレンス「HashiConf」で次のように語った。「NomadはKubernetesよりはるかに使いやすい。皆さんにその体験をしてもらうために、まずNomadの導入をお願いしたい。Kubernetesの導入が爆発的に増加したのはGKEなどのマネージドサービスのおかげだ。(中略)当社のマネージドNomadが、今後のNomadの導入増加に貢献すると考えている」

NomadとKubernetesの違い

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...