2018年10月30日 05時00分 公開
特集/連載

コンテナ実行の事実上の標準?いまさら聞けない「Linuxコンテナ」の始め方

Linuxコンテナによって、アプリケーションごとにOSをインストールする従来のモデルは、なくなるかもしれない。

[Sander van Vugt,TechTargetジャパン]

関連キーワード

Linux | OS | Docker


画像 コンテナの利便性を生かすには

 OSをベースにしたアプリケーションの欠点は導入に時間がかかることだ。新しいアプリケーションを導入するためには、その都度IT管理者が新しいサーバをインストールしなければならない。運用コストがかかり、時間も要する仕組みだ。

 アプリケーションがそれぞれ独自のOSを持っている状態では、運用が非効率になることが多い。例えばセキュリティを確保するためには、全てのアプリケーションに個別サーバが必要になる。その結果、十分に活用されていないハードウェアがデータセンターで数多く生まれることになる。

 コンテナとは分離された環境のことだ。名前空間を使って隔離された環境を作り出す。Linuxコンテナはアプリケーションを実行するのに必要な全てのコンポーネントを備えている。

 ハードウェアの観点では、コンテナの方がリソースを効率的に利用できる点が優れている。利用可能なハードウェア容量さえ残っていれば、管理者が新たなサーバを用意しなくてもいい。

コンテナの始め方

 Linuxコンテナの設定は簡単だ。Linuxコンテナは、隔離された作業環境用の機能が用意されているため、コンテナ実行の事実上の標準になっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。