2016年10月11日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「Nginx」「HAProxy」「Linux Virtual Server」フリーのLinuxロードバランサー3つを比較する (1/2)

「Nginx」「HAProxy」「Linux Virtual Server」は、複数台のサーバを抱え高いトラフィックに対応するLinuxロードバランサーの選択肢になる。

[Sander van Vugt,TechTarget]
NginxのWebサイト NginxのWebサイト《クリックで拡大》

 複数台のサーバを運用して膨大な負荷を処理しているなら、ロードバランサーが役立つだろう。ベンダーはハードウェアアプライアンスとしてロードバランサーを提供しているが、無料で利用できるLinuxのロードバランサーソフトウェアもある。

 ロードバランサーは、高トラフィックを処理するバックエンドサーバの応答時間を向上する。企業は一般的に、複数のバックエンドサーバで動作するアプリケーションやワークロードのフロントエンドとしてロードバランサーを使用する。理論上、負荷分散はあらゆる種類のサービスで可能だ。だが、実際に負荷分散の恩恵を受けられるのは、HTTPサーバとHTTPSサーバで行った処理の場合だ。

 ロードバランサーは単一障害点をもたらす。だが、高可用性(HA)構成でロードバランサーを使用すると、ロードバランサーはダウンしても再起動される。ロードバランサーの高可用性は、「Pacemaker」のような外部のLinuxベースのHA製品によって構成される。Pacemakerは定期的にロードバランサーの可用性をポーリングすることでロードバランサーを監視する。ロードバランサーが停止すると、ロードバランサーは再起動される。

Linuxロードバランサーの選択肢

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。