2016年10月11日 15時00分 公開
特集/連載

フリーのLinuxロードバランサー3つを比較する「Nginx」「HAProxy」「Linux Virtual Server」(1/2 ページ)

「Nginx」「HAProxy」「Linux Virtual Server」は、複数台のサーバを抱え高いトラフィックに対応するLinuxロードバランサーの選択肢になる。

[Sander van Vugt,TechTarget]
NginxのWebサイト NginxのWebサイト《クリックで拡大》

 複数台のサーバを運用して膨大な負荷を処理しているなら、ロードバランサーが役立つだろう。ベンダーはハードウェアアプライアンスとしてロードバランサーを提供しているが、無料で利用できるLinuxのロードバランサーソフトウェアもある。

 ロードバランサーは、高トラフィックを処理するバックエンドサーバの応答時間を向上する。企業は一般的に、複数のバックエンドサーバで動作するアプリケーションやワークロードのフロントエンドとしてロードバランサーを使用する。理論上、負荷分散はあらゆる種類のサービスで可能だ。だが、実際に負荷分散の恩恵を受けられるのは、HTTPサーバとHTTPSサーバで行った処理の場合だ。

 ロードバランサーは単一障害点をもたらす。だが、高可用性(HA)構成でロードバランサーを使用すると、ロードバランサーはダウンしても再起動される。ロードバランサーの高可用性は、「Pacemaker」のような外部のLinuxベースのHA製品によって構成される。Pacemakerは定期的にロードバランサーの可用性をポーリングすることでロードバランサーを監視する。ロードバランサーが停止すると、ロードバランサーは再起動される。

Linuxロードバランサーの選択肢

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...