2016年10月11日 15時00分 公開
特集/連載

フリーのLinuxロードバランサー3つを比較する「Nginx」「HAProxy」「Linux Virtual Server」(1/2 ページ)

「Nginx」「HAProxy」「Linux Virtual Server」は、複数台のサーバを抱え高いトラフィックに対応するLinuxロードバランサーの選択肢になる。

[Sander van Vugt,TechTarget]
NginxのWebサイト NginxのWebサイト《クリックで拡大》

 複数台のサーバを運用して膨大な負荷を処理しているなら、ロードバランサーが役立つだろう。ベンダーはハードウェアアプライアンスとしてロードバランサーを提供しているが、無料で利用できるLinuxのロードバランサーソフトウェアもある。

 ロードバランサーは、高トラフィックを処理するバックエンドサーバの応答時間を向上する。企業は一般的に、複数のバックエンドサーバで動作するアプリケーションやワークロードのフロントエンドとしてロードバランサーを使用する。理論上、負荷分散はあらゆる種類のサービスで可能だ。だが、実際に負荷分散の恩恵を受けられるのは、HTTPサーバとHTTPSサーバで行った処理の場合だ。

 ロードバランサーは単一障害点をもたらす。だが、高可用性(HA)構成でロードバランサーを使用すると、ロードバランサーはダウンしても再起動される。ロードバランサーの高可用性は、「Pacemaker」のような外部のLinuxベースのHA製品によって構成される。Pacemakerは定期的にロードバランサーの可用性をポーリングすることでロードバランサーを監視する。ロードバランサーが停止すると、ロードバランサーは再起動される。

Linuxロードバランサーの選択肢

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...