2021年03月12日 05時00分 公開
特集/連載

「プロキシ型CASB」とは? フォワードプロキシ型とリバースプロキシ型の違いは「CASB」選定ガイド【前編】

安全にSaaSを利用するセキュリティ対策として利用が広がりつつあるのが「CASB」だ。その主要な種類である「プロキシ型CASB」とは何か。「フォワードプロキシ型CASB」と「リバースプロキシ型CASB」の違いとは。

[Ed Moyle,TechTarget]

 セキュリティ部門にとって、SaaS(Software as a Service)のセキュリティ確保は容易ではない。ネットワークにデータが流れているとき、そのデータがSaaSの利用で発生しているデータなのか、SaaS以外のWebサイトの閲覧で発生しているデータなのかを見分けることは難しい。この特性は、企業が認可していないIT製品・サービスをエンドユーザーが勝手に導入する「シャドーIT」として利用されるSaaSを生み出しやすい。

 SaaSを稼働させるためのシステムがクラウドベンダーの運用管理下にあることも、SaaSのセキュリティ対策を難しくする要因となる。クラウドベンダーがネイティブのセキュリティ機能として提供していない暗号化や監視の強化といったセキュリティ対策を追加しようとしても、制約があるためだ。

 このような問題への対処に役立つことから、SaaSのセキュリティを懸念する企業の間で「CASB」(クラウドアクセスセキュリティブローカー)に注目が集まっている。CASBはクラウドサービスとエンドユーザー間の通信状況を可視化する。これによりシャドーITとしてのSaaSの利用を防止できる。

 CASBは主に「プロキシ型」「API(アプリケーションプログラミングインタフェース)型」の2種類に分類できる。どちらが自社に適しているのかを見極めるために、両者の違いを理解しよう。

「プロキシ型CASB」とは 「フォワードプロキシ」「リバースプロキシ」の違いは

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...