TechTargetジャパン

製品資料
リスク管理が心配なCIOは58%、必要なのはリスク評価指標「KRI」による真の脆弱性評価
 企業ITは多くのビジネス領域と相互に関連し合い、ITリスクがビジネスに与える影響はますます増大している。一方、多くの組織ではITリスクの管理体制が十分整備されていないという課題もあり、リスク管理やコンプライアンスに懸念を示すCIOは、実に58%に上るという調査...(2015/11/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ROI確認テスト用WP
ROI確認テスト用WP(2011/4/30 提供:アイティメディア株式)

レポート
身近なリスク“ITの風評被害”を効果的に防ぐ6つのポイント
 “企業の危機管理”と聞くと大規模な自然災害や人為的災害を思い浮かべるかもしれない。だが実は、データ漏えいや人的ミスによるシステム障害、データ損失などのIT障害と、それに起因するSNSなどによる風評被害といった身近なところにこそリスクが潜んでおり、相応の対...(2014/7/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
金融業のリスク管理とビッグデータ分析を共有基盤に統合する方法
 金融市場の企業にとって「リスク管理」は最も重要な課題だ。さまざまな法規制により、あらゆる企業が、限りなくリアルタイムに近い形でリスクを評価する必要に迫られている。膨大な量のデータを理解するために分析し、市場ニーズに対する洞察を深める方法、ITパフォーマ...(2013/9/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
事業継続マネジメントプログラムの効果を検証――情報漏えい対策時間を41%短縮
 2015年のPonemon Instituteの調査では、世界350社を対象に情報漏えいの経済的影響を定量化し、コストの傾向把握を行った。多くの企業ではBCM(事業継続マネジメント)部門があり、リスク管理、災害復旧、危機管理に関与し、経済的にもプラスの影響があることが確認され...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
回答のトップは「システム導入」 三菱総合研究所の500社調査が浮かび上がらせたコールセンターの課題
 ますます高度化、多様化するコールセンター業務にあって、システム強化に課題を感じる企業は多い。三菱総合研究所では、コールセンター業務の実態と今後の見通しについて、2015年5月から7月に、全国の上場・非上場企業および公共機関を対象としてアンケート調査を実施...(2015/8/28 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月17日号:それでもWindows Server 2003を使うのか
 Computer Weekly日本語版 12月17日号は、以下の記事で構成されています。■インターネットのパスワード認証廃止を目指すFIDO Alliance 先日GoogleがFIDO U2Fセキュリティキー対応を発表したことで注目が集まるFIDO Alliance。創設者の1人、ダンケルバーガー氏に同コン...(2014/12/17 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
仮想環境の「バックアップ」「DR」実現を阻む3つの課題、どう解決したら良い?
 企業の事業継続計画(BCP)やリスクマネジメントを目的に、仮想環境下でのバックアップ環境やディザスタリカバリ(DR)対策を整備する企業が増えている。一方、「バックアップ処理に時間がかかる」「インフラや運用に対するコストが大きい」など実現にあたり課題を抱え...(2016/1/13 提供:ベリタステクノロジーズ合同会社)

レポート
金融庁の監督指針に対応する通信監視ネットワーク基盤、構築の要点
 2015年6月における金融庁の監督指針の改訂・施行では、システムリスク管理対策が明文化された。これは昨今のシステム障害やセキュリティ関連事案の影響が一時的なものではなく、企業や組織の継続性に及ぶほど重大な事態であることを示している。これを受け、多くの金融...(2015/9/30 提供:ネットスカウトシステムズジャパン株式会社)

レポート
失敗しないITリスク管理
TechTargetジャパン会員を対象に行った「企業のITリスク管理に関する調査」では、ITリスク管理を行ううえで欠かすことのできない課題として、「システムの可用性向上」「セキュリティ強化」「IT全般統制」「コンプライアンス向上」の4項目があがった。トリップワイヤでは...(2011/6/7 提供:トリップワイヤ・ジャパン株式会社)

レポート
Computer Weekly日本語版 6月26日号:CIOが語るロータスF1チームのIT戦略
 Computer Weekly日本語版 6月26日号は、以下の記事で構成されています。■ロータスF1チーム ハックランドCIOが語るF1とIT あらゆる分野でITを駆使するF1チーム。そのシステムや思想をインタビューする。■英住宅金融組合の10億ポンドのIT投資は顧客拡大につながるか?...(2013/6/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
これからの10年間を生き抜くための「3つの方向性」――IoT経済の変化に備える
 1970年代に進められた航空座席市場のデジタル化は、航空産業に大きな変化をもたらした。デジタル化以前の標準的な搭乗率は約55〜60%にすぎなかったが、デジタル化が進んだ現在の平均搭乗率は85〜90%近くにもなる。しかし、この変革により航空会社間の競争は激化し、多...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
フィナンシャルマルウェアとは? サイバー犯罪者の戦術と不正な銀行取引を解明
 フィナンシャルマルウェア、それは不正な銀行取引(トランザクション)を可能にする悪意あるソフトウェア。それが今、世界中の経営幹部、リテールバンキングやコマーシャルバンキングの頭取、グローバルコンプライアンスオペレーションのリーダー、リスク管理責任者にと...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
被害額は1台当たり約100万円、モバイル端末を狙うマルウェアをどう防ぐ?
 業務におけるモバイル活用が広がるなか、社員のモバイル端末を狙ったデータ侵害が増加している。マルウェアに感染したモバイル端末を遠隔操作して、スクリーンショットの撮影、電話の会話の録音などの手口で情報を盗み出す事件も相次いで報告されている。 これによる被...(2016/5/2 提供:ルックアウト・ジャパン株式会社)

事例
契約/承認フローは電子サインで即日処理――「業務部門と同じスピード感」を実現
 あらゆる業務の電子化が進む中、契約/承認フローだけが旧態依然とした紙ベースの作業から抜け出せていない。そのため、現場では「すぐにプロジェクトを始動させたいのに、契約が完了していないために作業を開始できない」といった不満が出ることも多い。 しかし、現状...(2016/5/18 提供:アドビ システムズ 株式会社)

事例
業務アプリ開発の「4つの課題」をまとめて解決
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/5/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
100万ドルのコスト削減例も生んだFOSS、リスクを抑える賢い運用管理方法
 システム関連コストを低減するため、国内企業でもフリー&オープンソースソフトウェア(FOSS)が積極的に利用されるようになった。先行している米国では、FOSSを用いたマルチソース開発でプロジェクト当たり50万〜100万ドルという非常に大きなコスト削減効果が表れてい...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

製品資料
48時間以内に利用可能、クラウドを活用した業務プロセス改善のメリットとは
 業務プロセスの課題として、システム化はしていても現場の状況把握ができずに、業務のプロセス全体が見通せないという点が挙がることは多い。実際の業務の流れは紙やメール、電話などで進められ、業務処理の品質にもバラツキがある。また、硬直化した業務による担当者の...(2016/3/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
基礎から始める最新AUTOSAR入門
 AUTOSARとそれを取り巻く環境は刻々と変化している。 本資料では、2011年にMONOistで好評を博したAUTOSARの解説連載「AUTOSARとは?」の筆者が、2015年現在のAUTOSARの仕様や策定状況、関連する最新情報について説明する。(1)AUTOSARとは?/What is AUTOSAR? −2015...(2016/1/12 提供:イータス株式会社)

レポート
金融庁ガイドライン改定ポイント 侵入を前提としたセキュリティ対策「入口・内部・出口での多層防御」
 金融庁の打ち出した「金融検査マニュアル」および「監督指針」の改訂ポイントは、情報セキュリティ管理、サイバーセキュリティ管理、インターネットバンキングの3つに分かれている。特にサイバーセキュリティ管理とインターネットバンキングの分野では、新しい枠組みの...(2015/7/31 提供:ネットスカウトシステムズジャパン株式会社)

製品資料
業務部門ユーザーのデータ活用を促すための「3つの要因」
 多くの企業がデータ分析を活用するようになった今、競合他社よりも早く事業成長のチャンスを見つけるためには、業務部門ユーザーでも迅速に正しく分析できる環境が求められている。ユーザーが必要なときにデータの探索と分析が行えるセルフサービス型BIや、対話操作型の...(2016/4/25 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
調査で浮き彫りになるセキュリティチームとITオペレーションチームの壁
 2015年後半から2016年初めにかけて、北米で180人を越えるITおよびセキュリティの専門家を対象に、セキュリティインシデント対応のプロセスやテクノロジーに関する意識調査が実施された。 調査結果から浮き彫りになったのは、「インシデント対応は、セキュリティチーム...(2016/4/25 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

事例
IT部門がビジネス部門の業務改善もリード、ITSMノウハウ共有の効果
 クラウドサービスが多様になり導入のハードルも下がる中で、業務効率化を目的にビジネス部門も独自にツールやサービスを採用するケースが増えている。しかし、各部門で異なるツールやサービスを使って個別最適化をはじめると、企業全体としての全体最適化ができなくなり...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
メリットもリスクもあるコンテナテクノロジー、コンテナ固有のセキュリティリスク対策
 オープンソースソフトウェア(OSS)で脚光を浴びているコンテナテクノロジーは、リソースの無駄の削減、パフォーマンスの向上など多様なメリットが期待できるとして、導入に前向きな企業は少なくない。しかし、専門家からはコンテナテクノロジー固有のセキュリティリス...(2016/4/20 提供:株式会社ベリサーブ)

事例
セキュリティサービスプロバイダーが実践するリスク管理 そのコアエンジンとは?
 サイバー犯罪者の数は爆発的に増加しており、あらゆる手段を使ってビジネスを妨害しようともくろんでいる。かつては無邪気なハッキングが主流であったサイバー犯罪が、今では標的を絞った犯罪行為が世界的に増加している状況だ。 また、サイバー犯罪の件数の増加だけで...(2013/10/8 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
万が一のシステム停止に備える、復旧能力の検証テスト「3つのアプローチ」
 災害による被害でITシステムが停止して事業継続が困難となったとき、多くの企業がフェイルオーバーによる災害復旧戦略を準備している。大企業の50%は、2017年までに複数のデータセンターや複数のサイト間でのITサービスのフェイルオーバーを使用するという調査結果もあ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
事業継続性の担保に必要な「3つの視点」――使えないBCPはもういらない
 事業継続のためには、BCP(事業継続計画)の策定・実装といったレジリエンシー実現が不可欠である。しかし、BCPやDR(ディザスタリカバリ)のシステムを構築し手順書を用意しても、実際に担当者は試したことがないといったケースが少なくない。レジリエンシー実現には...(2016/3/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading