TechTargetジャパン

製品資料
リスク管理が心配なCIOは58%、必要なのはリスク評価指標「KRI」による真の脆弱性評価
 企業ITは多くのビジネス領域と相互に関連し合い、ITリスクがビジネスに与える影響はますます増大している。一方、多くの組織ではITリスクの管理体制が十分整備されていないという課題もあり、リスク管理やコンプライアンスに懸念を示すCIOは、実に58%に上るという調査...(2015/11/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ROI確認テスト用WP
ROI確認テスト用WP(2011/4/30 提供:アイティメディア株式)

製品資料
ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立
 先進諸国において社会インフラの老朽化が問題となっている。メンテナンスを効率化させ、ライフサイクルコストの低減を図るため、国際標準化機構(ISO)がアセットマネジメントにおける国際規格「ISO55000」を策定した。 しかしISOのシステムは全体的に複雑で分かりにく...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
身近なリスク“ITの風評被害”を効果的に防ぐ6つのポイント
 “企業の危機管理”と聞くと大規模な自然災害や人為的災害を思い浮かべるかもしれない。だが実は、データ漏えいや人的ミスによるシステム障害、データ損失などのIT障害と、それに起因するSNSなどによる風評被害といった身近なところにこそリスクが潜んでおり、相応の対...(2014/7/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる
 オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソフトウェア開発の現場に広く浸透し、Amazon.comやGoogleのような世界的な企業も積極的に活用している。IT調査会社のガートナーは、2016年までにグローバル企業の99%で、OSSが基幹ソフトウェアに組み込まれると予想している。 ...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
事業継続マネジメントに実行力を持たせるための7つのポイント
 東日本大震災の発生以降、BCM(事業継続マネジメント)の重要性が注目され、多くの企業で策定されるようになった。しかし、これらの計画がITインフラ、アプリケーション、データはもちろん、運用プロセスや従業員の行動、各種施設などに至るまで、一貫したポリシーで具...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/1/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
ひと目で分かる仮想データセンターの稼働状況─運用管理自動化への道
 ITインフラが複雑化するにつれ、データセンターの管理には多大な負担がかかるようになった。IT管理者は、物理サーバの使用率や設備投資コスト、運用コストを常に把握していなければならないが、もはやそれだけでは運用の健全性やリスク、効率性を図れなくなりつつある。(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
金融業界の7つの事例に学ぶ、Hadoopによるデータ活用のモダナイゼーション
 金融業はあらゆる業務において利率などの数字がかかわるため、データ依存度が極めて高い。そのため各システムリソースにビッグデータが存在し、この活用によって大きなイノベーションが期待できる。その代表例が預金者や保険契約者、投資の依頼者に対するリスクマネジメ...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
経営課題としてのセキュリティ――組織で取り組む「CSIRT」とは?
 近年、大規模な情報漏えい事件が相次いで報道されているが、それらは全体のほんの一部にすぎない。そればかりか、その背後に相当数の“発見されていない”セキュリティ事故が存在することを多くの専門家が指摘している。 経営者がまず認識を改めなければならないのは...(2016/9/1 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
金融業のリスク管理とビッグデータ分析を共有基盤に統合する方法
 金融市場の企業にとって「リスク管理」は最も重要な課題だ。さまざまな法規制により、あらゆる企業が、限りなくリアルタイムに近い形でリスクを評価する必要に迫られている。膨大な量のデータを理解するために分析し、市場ニーズに対する洞察を深める方法、ITパフォーマ...(2013/9/26 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
なぜ、日本は情報セキュリティ成熟度が低いのか?
 IDC Japanが発表したIT投資動向に関する調査(2016年7月)によると、2016年度の国内企業の年間IT予算計画において、前年比で「変わらない」あるいは「増加」とした企業が、「減少」と回答した企業の割合を上回り、大手/中堅企業を中心にIT投資への積極的な姿勢が見てと...(2017/2/14 提供:KDDI株式会社)

レポート
1日2000件のサイバー攻撃に対応、富士通の多層防御と即応体制のノウハウとは?
 増加・高度化するサイバー攻撃に対し、セキュリティ施策も進化を求められている。人力のみの対処はもちろん、セキュリティツールを導入しても全ての脅威に自動的に対応することは不可能だ。より視野を広げ、脅威の侵入を前提としたセキュリティの多層化、つまり「多層防...(2017/2/7 提供:富士通株式会社)

レポート
「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目
 サイバー攻撃による被害リスクは、今や国や地域、組織の大小に関わらず存在する。手口は巧妙化し、既存の対策が容易に突破されるまでになってきた。情報漏えいなどの被害が発生すれば、金銭や信用問題のみならず、経営者の法的責任も問われる時代になった。 サイバーセ...(2017/2/14 提供:日本電気株式会社)

レポート
4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか?
 民間および官公庁の調査を専門とするPonemon Instituteは、アプリケーション開発やセキュリティプロセスに携わる人を対象に、セキュリティが確保されていないモバイルアプリケーションのリスクをどのように軽減しているか、の調査報告を上げた。 回答者の77%が「アプ...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
こんな会社ならMDMが無くても大丈夫……さて、あなたの会社は?
 スマートフォンやタブレット端末はビジネス現場へ急速に普及してきた。業務の効率性やスピードアップを求め、さまざまな部門が多種多様なモバイルアプリケーションを使おうとしている。従業員の私有デバイスを業務に利用するBYOD(Bring Your Own Device)の登場だ。 ...(2017/2/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ
 顧客や従業員の個人情報、ログインデータなどの機密データを扱うアプリケーションや、企業の重要データ、知的財産などを扱うアプリケーションの開発では、操作性や機能性、データ保護や暗号化などのセキュリティ向上は多くの場合で考慮される。ただし、アプリケーション...(2017/2/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ステルス性の高い脅威も排除、エンドポイント可視化で標的型攻撃を瞬時に検出
 標的型攻撃の主要な手口には、脆弱性の悪用、ソーシャルエンジニアリング、フィッシングWebサイトなどがある。攻撃者は、これらを組み合わせた手法で標的となる企業への侵入を試みるが、その際に狙われるのがエンドポイントシステムだ。 企業のインフラに入り込んだ攻...(2017/2/2 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
端末やユーザーの多様化にアプリケーション/デスクトップ仮想化が強い10の理由
 リモートアクセス環境の浸透は、仕事をする場所、ユーザーの種類、アクセス方式などを一気に多様化させる。ビジネス情報は自宅、企業支給または個人所有のデバイス、パートナー企業、工場の現場など、ありとあらゆる場所に散在することになり、セキュリティ対策も複雑化...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
クラウド活用のメリットを最大化する鍵――運用の自動化で利便性を向上
 社内ITインフラをクラウド化する際には、ビジネス部門からIT部門に対して、さまざまな依頼が行われ、サービスに対して迅速な提供や改善などの要求が多くされる。これを全て人が対応するのは困難で、自動化を図る必要がある。 そのための管理ツールは、操作性に優れ、ク...(2017/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
海外進出していなくても米国訴訟のリスク? 本当は怖い情報マネジメントの話
 情報や商品がグローバルに流通する昨今、海外進出企業はもちろん、そうではない企業も外国での訴訟リスクに備えなくてはならない時代となった。とりわけ訴訟大国といわれる米国では、公判前の「ディスカバリ」と呼ばれる証拠開示手続に気を付けなければならない。 当事...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

講演資料
失敗に学ぶ仮想化環境のバックアップ術――4大課題を克服できるか
 仮想化環境が多くの企業で利用されるにつれて、その仮想マシンのバックアップが課題として浮かび上がってきた。特にバックアップやリストアに時間がかかる点や、複数OS混在時の設定と運用の複雑化は、その代表格である。 例えば、VMwareの仮想化基盤においてはバックア...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
エンタープライズクラウドが明日のIT担当者を救う「10の理由」
 過去10年ほどの間、ITインフラはバラバラなリソースを積み上げる形で変化してきた。しかし、多くの企業が自社のデータセンターに対して、俊敏性やシンプル性、成長に合わせた拡張性を求めるようになったことで、このような流れにも変化が現れている。 特に注目すべきは...(2016/12/14 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
THE BIG BANG 拡大するデジタルデータ、クラウドが変えるレジリエンスとは?
 デジタルユニバースの規模は6兆にまで達する。この数字はわずか3年前、スーパーコンピュータIBM Watsonが、クイズ番組「Jeopardy」で卓越した2人の出場者に勝利した際に必要だったデータの3億7500万倍にもなる。 システム、マーケティングイニシアチブ、お客さまとの対...(2016/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」では防げない、中間者攻撃の仕組みと対策
 中間者攻撃(Man-in-the-Middle Attack:MITM Attack)によって、WebブラウザとWebサーバ間のHTTPセッションをハイジャックされてしまう危険性があることは広く認識されてきた。これと同様に、サーバ間通信でもセッションをハイジャックされ、情報の盗聴や改ざんをする...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

事例
脱ExcelやiPad対応、事例で分かる業務アプリ開発の「4大課題」解決法
 ビジネスプロセスの合理化や自動化、モバイルワーク対応など、業務アプリケーションへの要求はますます高まっている。しかし、開発にかかるコストや時間、ERPやレガシーなシステムとの連携の難しさなど、開発部門の前にはさまざまな課題が立ちはだかっている。 こうし...(2016/12/2 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
これからの10年間を生き抜くための「3つの方向性」――IoT経済の変化に備える
 1970年代に進められた航空座席市場のデジタル化は、航空産業に大きな変化をもたらした。デジタル化以前の標準的な搭乗率は約55〜60%にすぎなかったが、デジタル化が進んだ現在の平均搭乗率は85〜90%近くにもなる。しかし、この変革により航空会社間の競争は激化し、多...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading