TechTargetジャパン

製品資料
リスク管理が心配なCIOは58%、必要なのはリスク評価指標「KRI」による真の脆弱性評価
 企業ITは多くのビジネス領域と相互に関連し合い、ITリスクがビジネスに与える影響はますます増大している。一方、多くの組織ではITリスクの管理体制が十分整備されていないという課題もあり、リスク管理やコンプライアンスに懸念を示すCIOは、実に58%に上るという調査...(2015/11/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ROI確認テスト用WP
ROI確認テスト用WP(2011/4/30 提供:アイティメディア株式)

技術文書
ワークスタイル多様化に向けたセキュリティ対策――リスク管理の5つの鉄則
 近年はワークスタイルの多様化に向けて、場所やデバイス、使われるネットワークを問わずに業務ができる環境へのニーズが高まっている。しかし、使いやすさと生産性を保ちながらビジネスリスクを最小化することは難しく、多くのセキュリティ担当者がID管理やアクセス制御...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
ISO55000準拠の設備資産管理でリスク管理と顧客満足度を両立
 先進諸国において社会インフラの老朽化が問題となっている。メンテナンスを効率化させ、ライフサイクルコストの低減を図るため、国際標準化機構(ISO)がアセットマネジメントにおける国際規格「ISO55000」を策定した。 しかしISOのシステムは全体的に複雑で分かりにく...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか?
 IT業界における競争の激化により、IT事業者に対する短納期・低コスト・高品質への要求は年々高まっている。その一方で、人材や技術者の不足、システムの複雑化なども進んでおり、IT業務を高度なレベルで遂行することはますます難しくなっている。 そんな状況のなか、IT...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

技術文書
基礎から分かる「ITサービスマネジメント」、目的から入る具体的取り組み方法
 ITサービスマネジメントとは、システム全体をユーザーのビジネスを支える「サービス」として捉え、そのサービスを適切に提供するマネジメント活動をいう。ある調査によると、この10年間にシステムトラブルの件数を大幅に削減し、運用コストの削減に成功した企業のほとん...(2017/8/1 提供:株式会社野村総合研究所)

その他
運用する時間がない……インベントリツール活用の不安を解消できる意外な選択肢
 インベントリツールに代表されるIT資産管理ソリューションは、以前は単なる「クライアント端末管理」を目的として利用されていた。しかし、サイバー攻撃などが猛威を振るう近年では、不正なソフトが利用されていないか、セキュリティパッチが当たっているかといった、セ...(2017/8/1 提供:ディーアールエス株式会社)

レポート
身近なリスク“ITの風評被害”を効果的に防ぐ6つのポイント
 “企業の危機管理”と聞くと大規模な自然災害や人為的災害を思い浮かべるかもしれない。だが実は、データ漏えいや人的ミスによるシステム障害、データ損失などのIT障害と、それに起因するSNSなどによる風評被害といった身近なところにこそリスクが潜んでおり、相応の対...(2014/7/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
リアルタイム分析で意思決定を加速、インテルが目指したサプライチェーン最適化
 市場環境の流動性が高まる中、多くの企業がサプライチェーンのリアルタイム管理を目指している。しかし、その実現にはシステム面で解決すべき多くの課題が残されている。例えば、リアルタイムの需給計画を妨げるデータ遅延、複雑化したデータ収集が生むデータの断片化な...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

レポート
「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる
 オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソフトウェア開発の現場に広く浸透し、Amazon.comやGoogleのような世界的な企業も積極的に活用している。IT調査会社のガートナーは、2016年までにグローバル企業の99%で、OSSが基幹ソフトウェアに組み込まれると予想している。 ...(2016/6/6 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
約4割が「深刻なセキュリティインシデント」経験――調査が示す対策の隙
 法人組織の実に約4割が「個人情報の漏えい」や「生産・操業停止」など、ビジネスに影響を及ぼす「深刻なセキュリティインシデント」を2015年の1年間に経験している。 これはトレンドマイクロが官公庁や自治体、民間企業のセキュリティ対策の意思決定者やその関与者1375...(2017/5/1 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
業務効率化から労務リスク対策まで――勤怠管理の自動化で得られる5つの効果
 昨今、労働者保護の観点から、働きすぎの抑止やコンプライアンスの重要性が高まっている。企業には、労働基準法をはじめとする労働時間法制に対応することや、従業員が働きやすい職場作り、リスクマネジメントを行うために勤怠管理の見直しが求められている。 そこで多...(2017/4/24 提供:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
事業継続マネジメントに実行力を持たせるための7つのポイント
 東日本大震災の発生以降、BCM(事業継続マネジメント)の重要性が注目され、多くの企業で策定されるようになった。しかし、これらの計画がITインフラ、アプリケーション、データはもちろん、運用プロセスや従業員の行動、各種施設などに至るまで、一貫したポリシーで具...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
FinTechなどデジタル変革はむしろチャンスに、金融機関が打つべき手とは?
 高い安定性を誇ってきた金融サービス業界は今、デジタル時代のテクノロジーによる大変革の只中にある。FinTech企業の参入によって顧客にもたらされたエクスペリエンスは従来の銀行が提供できなかったものであり、顧客との接点は、銀行の窓口からモバイルやソーシャルメ...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
“ユナイテッド航空乗客追い出し騒動”に学ぶ、GDPR順守の心得とリスクへの備え方
 2017年4月、ユナイテッド航空が離陸前の旅客機からチケット購入済みの乗客を無理やり引きずり降ろすという騒動が起きた。顧客からの信頼を著しく損ねたこの騒動から、同社の根底には、「ルールを形式的に守り、コンプライアンスさえ確保すればよし」という考え方がある...(2017/8/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は?
 サイバーリスクへの対策には、費用対効果の観点が欠かせない。近年は高度化するサイバー攻撃に対して多層防御や機械学習などの新たなセキュリティ技術が登場しているが、サイバーリスクの軽減には技術的に限界があり、ゼロにするにはリスクに不釣り合いな対策費用が必要...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

製品資料
“働き方を制約しない”モバイルセキュリティ対策、アクセス制御の5つの心得
 BYOD(私物端末の業務利用)やワークスタイルの多様化が進んだ現在の業務環境では、従来のセキュリティ手法で情報を守ることがますます困難になっている。そこで、場所やデバイス、ネットワークを選ばず、アプリケーションとデータを利用できる新たなアクセス制御のアプ...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
マルウェア感染でIoT機器がボットネット化 大規模DDoS攻撃の脅威と必要な対処
 IoTデバイスの急増により、ボットネットマルウェアによるDDoS攻撃の脅威も増加している。特に大規模な攻撃が行われた例として知られるのが、「Mirai」マルウェアによりボットネット化されたIoTデバイス群が、大規模なDDoS攻撃を実行したという事例だ。 こうしたIoTデバ...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
623GbpsのDDoS攻撃にも対応、「Mirai」ベースの攻撃を緩和した耐障害性設計とは
 IoT機器を踏み台にした大規模な分散型サービス妨害(DDoS)攻撃の脅威が増している。中でも大きな被害を出したことで知られるのが、ボットネットマルウェア「Mirai」だ。2016年には、Miraiを利用した最大で623Gbpsにも及ぶDDoS攻撃が、同一ターゲットに対して数日にわた...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

事例
物理サーバの役割を30秒で変更、仮想化不要でインフラ構築を自動化するには?
 外国為替証拠金取引(FX)市場で、年間684兆円もの売買実績を誇るSBIリクイディティ・マーケット。そのビジネスの基盤となるFX取引システムでは、24時間無停止で、1日あたり1億件以上のトランザクションがリアルタイムで処理されている。 これだけの処理を支えるために...(2017/7/25 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
警戒すべきは“72時間ルール” GDPR対策として必須なデータ追跡と暗号化
 2018年に適用開始される「一般データ保護法」(GDPR)では、個人情報漏えいがあった場合にその事実を72時間以内に関係当局へ通知することを義務付けており、同規則に違反した企業は多額の罰金を科される可能性がある。 同規則はあくまで、欧州連合(EU)に居住する個人...(2017/8/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
違反で巨額の罰金も 「一般データ保護規則」(GDPR)準拠に向けた基礎知識
 新たなプライバシー規制「一般データ保護規則」(GDPR)が2018年5月、欧州連合(EU)で適用開始される。企業の所在地を問わず、EUに住む個人データを扱う全ての企業に適用されるもので、適切に履行して順守しなかった場合には2000万ユーロまたは違反した企業の年間売上...(2017/8/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
“国“は違えど人ごとではない、GDPRに対応に先手を打つ米企業の動向
 欧州連合(EU)に住む個人データを扱う全ての企業に適用される「一般データ保護規則」(GDPR)は、米国企業にとっても人ごとではない。コンプライアンスへの関心の高まりもあり、GDPR順守は米国企業にとっても大きな課題となっているようだ。 米国では適用開始日までの...(2017/8/31 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件
 これまでIT部門は、システムの保守・運用業務に専念する「守りの部門」だったが、近年はITサービスを能動的に提供する「攻めの部門」へと転換することの重要性が認識されつつある。そのスタートラインとなるのが、システムの運用管理基準を定めた「ITIL(Information Te...(2017/8/9 提供:株式会社クレオ)

レポート
導入意欲が高いクラウドバックアップサービス、その理由と懸念とは
TechTargetジャパンが2017年3月14日から3月31日にかけてTechTargetジャパン会員を対象に実施した「企業のバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」では、導入を検討する製品・サービスでクラウドストレージ/バックアップサービスを挙げる回答が多かった。その理由と...(2017/6/1 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
ひと目で分かる仮想データセンターの稼働状況─運用管理自動化への道
 ITインフラが複雑化するにつれ、データセンターの管理には多大な負担がかかるようになった。IT管理者は、物理サーバの使用率や設備投資コスト、運用コストを常に把握していなければならないが、もはやそれだけでは運用の健全性やリスク、効率性を図れなくなりつつある。(2016/10/18 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
管理者権限の誤用や悪用をどう防ぐ? リスク要因に合わせた特権ID管理の秘訣
 近年、多発している情報漏えいや不正侵入などのインシデントでは、システムの管理者権限(特権ID)の誤用や乱用、不正な利用が原因であるケースが少なからず見られる。そのため、このようなセキュリティリスクへの有効な対策として、特権ID・証跡管理製品が注目され始め...(2017/7/25 提供:エンカレッジ・テクノロジ株式会社)

製品資料
APIでイノベーションを実現、バンキングサービス基盤を変革する3つのステップ
 銀行を取り巻く環境は、ここ数年で大きく変化した。その役割を果たしたのが、拡大する顧客の期待、決済方法の新しい選択肢、他社との競争という3つの収束トレンドである。さらに、「EU決済サービス指令の改訂版(PSD2)」のような新しい規制は、銀行が顧客情報をサード...(2017/7/18 提供:CA Technologies)

製品資料
予測分析の根本課題を解説、データが正しい意思決定につながらない理由とは?
 分析モデルは、ビジネスの意思決定において中核的な役割を果たしている。しかし、分析モデルが標準化されておらず、事業ごとに独自に開発されていたり、ガイドラインが文書化されていなかったりするケースも見られる。こうしたバラバラなモデルによる分析結果を判断材料...(2017/7/18 提供:SAS Institute Japan株式会社)

Loading