TechTargetジャパン

製品資料
中小企業にも必須の情報漏えい対策、無理なく実現するための3つの強化プラン
 近年、大規模な情報漏えい事件が相次いでいるが、特に深刻な問題となっているのが標的型メール攻撃やランサムウェア攻撃だ。警察庁は、このようなサイバー犯罪に関して、2015年の検挙件数は約8000件、相談件数は約13万件であったと報告している。 その一方で、法制度に...(2016/7/19 提供:クオリティソフト株式会社)

レポート
顧客の心理から考えるロイヤルカスタマー(顕在顧客編)
 日本は個人情報保護が世界で最も厳しい国であるため、リードを獲得するコストは高いです。 さまざまな技術によって獲得単価が安くなってきましたが、顧客母数は増えても受注が伸び悩む企業も多いです。 また、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)を最大化するため...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
楽天生命保険が1週間かかったテストデータを2日で作成――鍵は「自動化」
 大規模なシステム開発では、本番データの個人情報部分をマスキングしたテストデータで検証を行うことが多い。しかし、こうしたテストデータの作成には多くの時間と労力が必要となる。開発の進捗やテストの精度にも大きく影響するこの作業の効率化は、システム開発の大き...(2016/5/16 提供:株式会社システムエグゼ)

製品資料
エッジPC導入でIoTは変わる
 センサーで収集されたデータは、エッジPCにより処理・加工・蓄積され、必要な時に必要なデータのみクラウドやサーバーに送信される。 エッジPCの導入メリットは、クラウドの巨大化や通信回線の容量不足と遅延を最小限に抑えるだけでなく、演算能力を分散させることで...(2016/4/18 提供:株式会社ピノー)

製品資料
もう何も犠牲にしないクラウド移行――オンプレミスの機能をクラウドでも
 クラウドサービスの活用は広がっているが、「既存のアプリケーション/データをクラウドに移行するのに多くの手間とコストが掛かる」「クラウド上のアプリケーションやデータなどをオンプレミスに戻すのが難しい」といった声を聞くことも増えた。一方、オンプレミスで培...(2016/3/18 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
マイナンバー対策を再点検、データベースセキュリティ「3つのポイント」
 マイナンバー制度が施行され、企業はサイバー攻撃の脅威から、特定個人情報を含む重要情報を守らなければならない。セキュリティ対策は、ネットワークの境界を守る「入口対策」「出口対策」だけでは限界が来ており、ネットワーク内部への侵入者によるデータの盗難・改ざ...(2015/12/14 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
今からでも間に合う「マイナンバー制度」対応、その基本と実践
 マイナンバー対応で企業が神経質になっているのは、厳密なセキュリティの確保が求められるからだ。従来、個人情報保護法の対象外であったような中堅・中小企業でもマイナンバー制度の「安全管理措置」に対応する必要がある。 マイナンバー制度では個人番号の収集、保管...(2015/10/21 提供:株式会社 日本HP)

製品資料
尽きない情報漏えい事件、マイナンバー制度施行前にセキュリティ対策を再点検
 マイナンバー制度では個人番号を保管するだけでなく、運用や廃棄という作業も必要になるため、より総合的なセキュリティ対策が求められる。マイナンバーは個人情報の一部であるため、個人情報管理と同様、「人+プロセス+テクノロジー」の3面から対策する必要がある。(2015/10/8 提供:デル株式会社)

製品資料
マイナンバーは「自社で保持せず」、安全な管理・運用の手引き
 2015年10月5日にマイナンバー法が施行された。企業が整備しなくてはならないマイナンバーへの対応は待ったなしである。特に課題となるのが、情報漏えいや不正利用の対策である。 対策の中でも、「クラウド型サービスの活用により自社で個人情報を保有しない」という選...(2015/10/8 提供:株式会社ミロク情報サービス)

技術文書
全企業が対象となる「マイナンバー対策」今、把握すべきことと準備すべきこと
 「マイナンバー制度」は全ての企業に個人情報保護法よりも厳しいルールが適用される。システム的な管理対応策は「技術的安全管理措置」として示されているが、個々の企業における具体的な反映はそれぞれ判断が分かれるところで、規模が大きく複雑なシステムを持つ企業ほ...(2015/9/1 提供:株式会社Imperva Japan)

Webキャスト
マイナンバー制度開始目前、企業が認識すべき情報漏えい対策のポイントとは
 いよいよ2015年10月からのマイナンバー通知開始により、本格運用が開始されるマイナンバー制度。企業は、従業員やその扶養家族のマイナンバーを取得、管理し、特定個人情報の取扱いに関する安全管理措置が求められる。マイナンバーとそれにひも付く情報は、不正に扱われ...(2015/7/23 提供:マカフィー株式会社)

講演資料
マイナンバー制度のポイント、「特定個人情報ファイル」は業務視点でのアクセス制御
 2016年1月よりマイナンバー制度が本格的に運用開始の予定である。従業員やその家族のマイナンバーを含む「特定個人情報」ファイルの安全性をいかに保つかが、マイナンバー制度の運用に際して企業に求められる課題だ。 そこで重要となるのが、「ロール(業務)」視点に...(2015/5/13 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
マイナンバー制施行など最新動向を踏まえたクラウドのセキュリティリスクと対策
 今や、企業のクラウドサービス利活用は珍しくない。だが、セキュリティ対策については、サービス提供ベンダー任せにしているケースがほとんどだ。2015年から2016年にかけては、電子帳簿保存法の規制緩和で、企業の文書電子化がますます増える他、マイナンバー制の施行...(2015/3/25 提供:NTTソフトウェア株式会社)

レポート
7割の企業はまだ未着手。マイナンバー制度対策は進んでいますか?
 2016年からマイナンバー制度がスタートする。住民票を有する全ての国民に対して個人番号が付与されるもので、社会保障、税、災害対策などの分野で効率的な管理を行っていく。非常にインパクトの高い制度にも関わらず、7割の企業はまだ未着手というデータもあるほど浸透...(2015/1/28 提供:スーパーストリーム株式会社)

製品資料
グローバルタレントマネジメントの第一歩をクラウドで――コスト低減と事業促進に貢献する人財活用法とは
 日本企業が海外での競争に勝ち抜くために、人事戦略として、国内外を問わず優秀な人財の採用や育成、公正な評価と処遇、適所適材に基づく戦略的な配置、といった方針にシフトしている。そのためには、社員の能力や知識、経験、志向などを把握し、より適した育成や効果的...(2014/6/20 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
個人情報保護時代の情報セキュリティ(上)
個人情報保護法の施行を契機に、PCの盗難・紛失による個人情報漏えい事件が顕在化している。こうした情報漏えいリスクに対し、企業がすぐに実践できる対策はいくつかある。それらを項目立てて解説していく。 この電子ブックレットは、2005年に発生した主なPC盗難・紛失事...(2012/10/12 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
盗難・紛失時の遠隔データ消去製品の比較
個人情報保護法が条例化された昨今、持出しパソコンの規制が厳しくなる一方でパソコンの必要性、利用頻度は増加しています。各企業で様々なセキュリティ対策が迫られる中、個人情報保護を目的とした製品の普及により流出による被害を最小限にするため、モバイル情報端末の...(2011/5/30 提供:ワンビ株式会社)

技術文書
【個人情報とシステムに関わる担当者向け】81の業界ガイドラインに見られる個人情報保護への対応
 「個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法)」が平成17年に施行されてから5年余りが経過した。この5年間、様々な情報流出事件が起こり、一部では過剰な対応も見られたものの、法律自体は定着し、プライバシー保護に関する基本的な考え方は定まってきたかのよ...(2010/12/13 提供:日本ベリサイン株式会社)

レポート
【個人情報とシステムに関わる担当者向け】81の業界ガイドラインに見られる個人情報保護への対応
「個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法)」が平成17年に施行されてから5年余りが経過した。この5年間、様々な情報流出事件が起こり、一部では過剰な対応も見られたものの、法律自体は定着し、プライバシー保護に関する基本的な考え方は定まってきたかのよう...(2010/8/23 提供:日本ベリサイン株式会社)

製品資料
分散するデータベース資産のアクセスログを一元管理する手法
 近年、個人情報保護法に対応するコンプライアンスや内部統制で、企業のITシステムの監査証跡として「いつ、誰が、何を行ったか」を正確に記録するためのログ収集・管理体制が求められており、IT全般統制においてシステムが保有するデータベースの安全性確保が必要となっ...(2010/2/8 提供:株式会社網屋)

カタログ
【カタログ】ファイルサーバアクセスログ監視ツール Ci-Audit for File Server
【製品概要】「個人情報保護法」をはじめ「日本版SOX法」「PCIDSS」など企業への規制が進む中、企業の個人情報管理や情報漏えい対策におけるシステムログ監視・監査の重要性が高まっている。しかし膨大なログの体系的な管理はIT部門の負担が大きく、またツールも高価なこ...(2009/6/25 提供:サイバネットシステム株式会社)

製品資料
モバイル活用でビジネスをよりスムーズに!
 「個人情報保護法」「J-SOX法」など企業を取り巻く法環境の変化により、内部統制を踏まえた「情報管理」への全社的な取り組みはさらに強く求められるようになっている。 一方で企業においては、100年に一度の不況とも言われる市況の中、業績をあげていくためにはリアル...(2009/3/26 提供:ソフトバンクBB株式会社)

製品資料
その機密情報は送信しても本当に大丈夫だろうか?
 個人情報保護法をはじめとする各種法令が制定され、それらに対応した対策も着実に導入されているが、機密情報の紛失・漏えい事故は発生し続けている。個人情報の漏えい事故が発生した場合の平均想定損害賠償額は約3万円/人、漏えい情報の種類によっては賠償額が100万円...(2009/3/13 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

その他
内部統制本番。ビジネスケータイは一括管理が基本!
 「個人情報保護法」「J-SOX法」など企業を取り巻く法環境の変化により、内部統制を踏まえた「情報管理」への全社的な取り組みはさらに強く求められるようになっている。 一方で企業においては、100年に一度の不況とも言われる市況の中、業績をあげていくためにはさらな...(2009/2/23 提供:ソフトバンクモバイル株式会社)

製品資料
強固な「4A」で情報漏えいを防ぐ内部セキュリティ対策の切り札
 日本企業における情報漏えいの原因に占める「内部犯罪・内部不正行為」の割合は高く、内部セキュリティ対策は個人情報保護の観点からは大変重要な要素だといえる。 外部セキュリティが不特定ユーザー対策であるのに対し、内部セキュリティは、認証されたユーザーへの対...(2008/12/15 提供:CA Technologies)

その他
組織の“しなやかさ”を失わないセキュリティ対策
 情報セキュリティ上の脅威が増大の一途をたどる今日、企業には情報セキュリティ対策のための多種多様な取り組みが求められている。一方で、日本版SOX法や新会社法による内部統制の強化、個人情報保護法による情報漏えい対策など、法令を順守するためにもさまざまな対策...(2008/12/1 提供:NECソフト株式会社)

講演資料
NTTPCが提案するメールセキュリティ〜メール統制へ今こそシフトチェンジせよ
 なぜ今、メール統制の必要性が高まっているのだろうか? 外的要因としては、日本版SOX法や個人情報保護法への順守、取引先からのセキュリティ強化要請などが挙げられる。内的要因としては、情報漏えい対策や誤送信防止などが挙げられるだろう。メールサーバ管理者の業...(2008/11/26 提供:株式会社NTTPCコミュニケーションズ)

レポート
「内部統制」に振り回されない賢いログ活用とは
 日本版SOX法や個人情報保護法をはじめとするさまざまな法規制への順守を図る上で、企業には内部統制の確立が求められるようになった。ただその一方で、「内部統制」という言葉だけが独り歩きし、IT部門がそれに振り回される事態も散見される。企業が本当に目指すべきは...(2008/11/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
携帯から安全にExchangeやNotesを活用できる新技術「Flashセキュリティ」
 個人情報保護法やISMSといった法制面の要求からセキュリティ強化を余儀なくされた企業では、ユーザーによるノートPCの持ち出し禁止や携帯電話へのメール転送禁止など、モバイルアクセスを一斉に禁止する動きが見られた。セキュリティの観点からは情報漏えいリスクを抑え...(2008/10/21 提供:株式会社コネクトワン)

製品資料
コストや運用負荷からメールアーカイブ導入をあきらめていませんか?
 個人情報保護やコンプライアンスの観点から、メール情報管理が企業に厳しく求められている。メールシステムにおいては、セキュリティ強化および情報漏えい対策が必須だ。さらに、日本版SOX法対応の法的証拠の確保も不可欠となる。しかし、メールアーカイブ未導入の企業...(2008/10/20 提供:株式会社トランスウエア)

Loading