「中古スマホ」の大ブームはもう必然? “下取り額”が上がり続ける訳中古スマートフォン市場が“活況”の現実【後編】

中古スマートフォン市場が活況を呈している。売り手も買い手も中古スマートフォンに目を向ける理由は何なのか。下取りや買い替えに関する調査結果を基に解説する。

2023年09月28日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 リスク管理サービスベンダーAssurantは、スマートフォンをはじめとするモバイル端末の下取り・買い替えに関する動向を四半期ごとに調査している。2023年8月に同社が発表した2023年第2四半期(4月〜6月)の調査結果によると、スマートフォンの下取り価格が上昇するなど中古市場が変化しつつある。中古スマートフォンに注目が集まるのはなぜなのか。

「中古スマホ」の人気が止まらない理由

 レポートによると、スマートフォン下取り時の平均使用年数は増加傾向にある。2023年第2四半期の平均使用年数は3.56年と前四半期比で約6%増となった。機種別に見ると、Appleのスマートフォン「iPhone」の平均使用年数は前四半期比で約4%増の3.55年、GoogleのモバイルOS「Android」搭載スマートフォンの平均使用年数は前四半期比で約10%増の3.58年だった。

 厳しい経済状況の影響で、新品スマートフォンの出荷台数と中古スマートフォンの在庫数は共に減少傾向にある。「消費者は新品を購入する代わりに、より手頃な価格で購入でき、地球環境への負荷を軽減できる中古スマートフォンの購入に関心を持つようになっている」。こう指摘するのは、Assurantでグローバルコネクテッドリビング部門のプレジデントとエグゼクティブバイスプレジデントを兼任するビジュ・ナイル氏だ。

 ナイル氏によると、中古スマートフォンの需要が高まるにつれ、通信事業者や小売業者、ケーブルテレビ事業者、OEM(他社ブランド製品の製造)事業者などが中古スマートフォンの在庫を確保しようとし、その動きが下取り価格の上昇を招いている。中古スマートフォンの下取り価格は、5四半期連続で上昇しているという。スマートフォンを販売する事業者が収益を拡大したり、顧客との関係を強化したりする手段としても、下取りと買い替えの重要性は高まると同氏は指摘する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。