TechTargetジャパン

技術文書
金属パーツの材料選定と製造方法 〜「軟質」と「硬質」の材料特性を理解しよう〜
鋼鉄やステンレス鋼などの硬質金属と、真鍮、アルミニウムなどの軟質金属ではそれぞれ特性や用途が異なる。本ホワイトペーパーでは、以下の金属ごとに、強度・軽量性・耐食性などの特性や、製造方法を詳しく解説。【解説項目】・軟質と硬質 それぞれの材料特性について・...(2017/8/1 提供:プロトラブズ合同会社)

技術文書
プログラミング不要、高効率モータ制御を簡単に実現する「iMOTION2.0」とは
 ロータ(回転子)に永久磁石を用い、ステータ(固定子)のコイルを3相ACで駆動するPMSMは、小型・軽量で効率が高いことから、幅広いモータアプリケーションで広く普及してきた。 最近では、位置検出センサを使わないセンサレス駆動と、駆動電流から最大トルクを生成で...(2017/8/1 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

事例
複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方
 京セラドキュメントソリューションズは、海外の売り上げが全社の約9割を占めている。今までは拠点ごとに最適化されたシステムを使用していたが、システム連携のために個別のインタフェースを開発して対応してきた。しかし、複雑化するシステムによってデータ連携のイン...(2017/7/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
【自動車】機能安全規格ISO 26262準拠の新しい統合テスト手法とは
昨今の車両には様々な電気/電子(E/E)システムが搭載され、各機能の高度化に伴い、車両システムは大規模化、複雑化の一途をたどっている。これにより、車両システムの安全度要求も日増しに高まってきた。こうした流れの中、機能安全の国際規格であるIEC 61508から派生した...(2017/7/18 提供:ハートランド・データ株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化で耐障害性を強化、データセンター向けVXLANゲートウェイ
 ビジネスの柔軟性や俊敏性を向上させるため、多くの企業が次世代型データセンターへの移行に取り組んでいる。その有力な方法の1つがネットワーク仮想化だ。中でも、統合型VXLANゲートウェイによる仮想化は、セキュリティを停止させることなく迅速に実装できるため、大き...(2017/7/5 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
購買明細の迅速な分析でコスト削減、NTTデータが実現した「戦略的調達」とは?
 事業で必要な商品を一括購入したり、調達先を統一したりすればコスト削減につながるが、大きな組織になるほど購入物品数も多く管理するのは難しい。NTTグループ主要企業の1社であるNTTデータも、Excelなどを使用した手作業で取引データの集計や分析を行っていたため、管...(2017/6/28 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

製品資料
過半数の問い合わせが「LINE」のみで解決、AIを活用したカスタマーサポート運営
 カスタマーサポートやコールセンターのコスト削減の要となるのが、問い合わせ1件あたりにかかる時間の短縮だ。この課題の解決手段として、AIを活用したチャットサポートを提供する企業が増えている。 AIを活用したチャットサポートでは、AIによるチャットボットの自動...(2017/6/28 提供:株式会社サイシード)

技術文書
IIoT対応のスマートファクトリーを構築するための検討ポイント
 製造業界では新興のIoT技術がインダストリー4.0を先導し、従来のオートメーション製品はIoTに対応したインテリジェントなオートメーションへと移行し、半オートメーションまたは独立型オートメーションマシンはM2MおよびM2P通信に対応したネットワーク接続プロセスに進...(2017/6/19 提供:ADLINKジャパン株式会社)

製品資料
飲食店のリピート率が大幅向上、VIP客の離反を防ぐ「顧客台帳」活用ノウハウ
 競争の厳しい外食産業。どの飲食店も、接客技術の向上やメニュー改善など、考えられる取り組みのほとんどに努力を傾けている。しかし実際には、他のB2Cビジネスに比べて取り組みの進んでいない施策もある。それは顧客台帳の作成およびプロモーションへの活用だ。 来店...(2017/6/2 提供:アクティブ・メディア株式会社)

技術文書
検出回避方法を学ぶマルウェアの機能を徹底解説、防御の具体策とは?
 マルウェア攻撃が猛威を振るっている。サイバー犯罪者の手口は高度化を続け、企業のセキュリティ防御を回避できる適応型の脅威やマルウェアを日々作成している。それと同時に、ハッカーは企業のネットワークに侵入しようと創意工夫を重ねている。オープンなパブリックネ...(2017/6/1 提供:株式会社シマンテック)

レポート
働き方改革は“緊急課題” 文書コンテンツ中心の管理術で生産性向上を実現
 労働人口の減少が進む一方で、労働時間の短縮という流れも加速するなか、日本企業はいよいよ、働き方改革や労働生産性の向上に本腰を入れて取り組まなければならなくなった。日本のホワイトカラーの労働生産性はアジアで最下位との調査結果もあり、抜本的な対策が求めら...(2017/5/30 提供:リックソフト株式会社)

事例
4社の事例で分かる「B2Cデジタル変革」
 デジタル変革は、顧客接点から従業員の働き方、業務プロセスや商品・サービスそのものまで、さまざまな変革を企業にもたらす。デジタル変革はあらゆる業種・業態の企業に恩恵をもたらすものだが、特に小売業を中心としたB2Cビジネスではデジタル変革による競争が激しく...(2017/5/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
マイクロソフトが自ら実践、「デジタル変革」の全体像とは
 デジタル変革は、あらゆる企業のさまざまな業務を変革させ、新たな競争力を与えるものとして期待されている。例えば、顧客との接点においては、電話やメールなど既存のチャネルにソーシャルメディアを加えた、全ての接点を通じてデータを活用し、さらに全方位的な洞察を...(2017/5/29 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
WebサイトやWebアプリを安全かつ快適に保つ――欠かせない「3つの機能」とは
 今や多くの企業が業務で必要とするシステムやアプリケーションをWeb上で扱い、さらに顧客とのやりとりもWeb上で展開され作業が高速化されている。そんな中、悪質化・多様化するサイバー攻撃から自社のWebサイトやWebアプリケーションを守るためのセキュリティ対策は、企...(2017/5/26 提供:NTTテクノクロス株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2017/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
オンデマンド製造によるリスク軽減 〜製品開発の短縮と機会損失の回避に向けて〜
 サプライチェーンの戦略的管理は、製品開発とライフサイクルプランニングに不可欠なだけでなく、リスク軽減に必要な要素でもある。先駆的企業は、サプライチェーンを成長とリスク最小化の能力を高める、機能横断型の取り組みと位置付けている。生産や出荷の遅延に関する...(2017/5/23 提供:プロトラブズ合同会社)

技術文書
最適なMOSFET選定でBLDCモータインバータ設計の電力損失を向上する方法
 ブラシレスDC(BLDC)モータには、医療機器、家電、コードレス電動工具、産業オートメーションなどのアプリケーションにおいて数多くの利点があります。一方でBLDCモータ アプリケーションの設計者は、一定の価格/性能を維持しながら最高の効率をもたらさなければならな...(2017/4/28 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

技術文書
小規模なエンジニアリングチームの強みとは?製品開発における新たなアプローチ
大規模な組織と競争する上で、小規模なエンジニアリングチームの強みは、アジリティ(機敏さ)、効率に細心の注意を払う、間接費を低く抑えるといった点が挙げられる。では、こうした利点を活かしつつ、設計や生産、製造の場面において、小規模なチームおよび中小企業が注意...(2017/4/26 提供:オートデスク株式会社)

技術文書
医療機器の試作と小ロット生産 〜各製造手法の長所・短所を徹底比較〜
医療機器の開発プロセスにおいては、迅速な製造により機器や部品の市場投入を加速化することが重要である。そのためには、新しい製品の設計や材料を評価したり、必要に応じて素早く設計を繰り返し、迅速で一貫した費用効果の高い方法で、試作品作りや小ロット生産を実施で...(2017/4/13 提供:プロトラブズ合同会社)

製品資料
オンライン大学運営のノウハウを生かす“使われるeラーニングシステム”の秘訣
 スキルアップやコンプライアンスの徹底など、従業員へ一斉に情報伝達や教育をするケースは多い。そこで役立つのがeラーニングという手段である。企業内の端末や通信インフラの充実により、今まさにそうしたシステムを導入・活用しやすいタイミングになったといえよう。(2017/3/30 提供:サイバーユニバーシティ株式会社)

製品資料
まだまだハードルが高いIT運用の自動化――無理なく導入するには?
 IT運用の現場はさまざまな作業がつきものであり、予期せぬ事態の発生も多い。だからこそ人間による作業が必要になるが、それでも、これをある程度自動化することができれば、大きなコスト削減を実現し、人的ミスの削減による運用の品質向上につながる。 近年ではITベン...(2017/3/30 提供:株式会社イーツ)

プレミアムコンテンツ
5分で分かる「LPWA(Low Power Wide Area)」
 IoT(Internet of Things)を実現するためには、モノをインターネットに接続する必要があります。PCであればIEEE 802.11a/b/g、スマートフォンでいえばLTEなどが接続技術としては一般的ですが、これらは高速な通信を可能とするかわりに多くの電力を消費し、そのコストも...(2017/3/27 提供:アイティメディア株式会社)

事例
小売業におけるIoTの役割と「Windows 10 IoT」の活用法
ビジネスを変革する力を持つIoT戦略を推進するために必要な要素とは何か。小売業にとどまらず製造、医療におけるIoTの役割を考えるとともにそ、その実現方法を検討する。このホワイトペーパーには、3つの目的がある。まず、IoT が具体的にどのようなものかを明らかにする...(2017/3/27 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方
 ビジネスとITの融合により、イノベーションを起こすデジタルトランスフォーメーション(DX)が本格化している。ITインフラの俊敏性がビジネスの俊敏性に大きく影響するため、これまで以上にITインフラの在り方が重要になっている。 DXには、いわゆる「第3のプラットフ...(2017/3/21 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
デジタルマーケティング成功のコツ――製薬メーカーなど4社の事例を解説
 Webサイトは企業にとって顔であり、豊富なコンテンツの提供はもちろん、情報が得やすいサイト構成や見せ方の工夫も求められる。他にも多言語対応や、グループ会社・部門・ブランドでのデザイン統一、セキュリティポリシーや情報ガバナンスの一貫性を実装できるといった...(2017/3/21 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
今からでも間に合う、5分で分かるクラウドセキュリティのポイント
 SaaS、PaaS、IaaSなど、データを手元に置くことなくリソースの拡張性も高いクラウドサービスは注目を集める。毎日めまぐるしく話題が飛び交い、日々進展し続ける最新技術は便利であると同時に、迅速な情報のキャッチアップに奔走する担当者もいるのではないか。 その中...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法
 データは適切に活用してこそ、成果につながる。ビジネスにおいてはデータに基づく洞察の大切さはもちろん、成果を得るには迅速な行動が不可欠だ。できることなら、業務遂行上のさまざまな意思決定を自動化させていくことが望ましい。 自動化は判断の遅れを避け、意思決...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2017/3/1 提供:株式会社ジャストシステム)

Loading