TechTargetジャパン

製品資料
Excelはもう時代遅れ――作成わずか1分、クラウドでの帳票発行で業務を効率化
 見積書や請求書の作成や案件管理などをExcelなどで行っている企業は非常に多い。扱う数が少ないうちは、これが便利であっても、規模が大きくなればそうはいかない。とはいえ、受発注管理システムを構築しようとしても、ある程度の期間も投資も必要になるため、そう簡単...(2017/10/20 提供:株式会社スプレッドオフィス)

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「Fusion 360」
 学生や教育関係者、スタートアップ企業(年間売上高が10万ドル未満)などであれば、無償でフル機能版が利用できるということで、ここ数年一気にユーザー数を増やしてきた「Autodesk Fusion 360」(以下、Fusion 360)。最近では本来のターゲットである製造業にも徐々に...(2017/10/19 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「Inventor」
 オートデスクのミッドレンジ3D CAD「Autodesk Inventor」(以下、Inventor)は製造業、特に機械・装置設計や工場設備のレイアウト設計などで広く利用されている。 Inventorの最初のバージョンがリリースされたのは1999年のこと。他の商用3D CAD製品と比較して後発に分...(2017/10/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
検出回避方法を学ぶマルウェアの機能を徹底解説、防御の具体策とは?
 マルウェア攻撃が猛威を振るっている。サイバー犯罪者の手口は高度化を続け、企業のセキュリティ防御を回避できる適応型の脅威やマルウェアを日々作成している。それと同時に、ハッカーは企業のネットワークに侵入しようと創意工夫を重ねている。オープンなパブリックネ...(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
こうして使おうRFデバイス:産業用ミリ波レーダーのシステム・ソリューション
 IoT時代の到来とともに、さまざまなセンサーを活用した新しいシステムの開発が盛んに行われている。その中で、対象の速度、距離、方向を簡単に精度良く測定できる24GHzレーダーは、あらゆるヒトとモノの動きをリアルタイムに把握するセンサーとして注目を集めている。 ...(2017/10/10 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「CATIA」
 航空宇宙、船舶、自動車分野などの大規模アセンブリの設計・開発において、存在感を示しているのがフランスDassault Systemes(ダッソー・システムズ)が手掛けるハイエンド3D CAD「CATIA(キャティア)」である。 フランスの航空機メーカーDassault Aviation(ダッソ...(2017/10/5 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
毎月定額の請求業務を自動化、確実な代金回収まで可能になるサービスとは
 企業間取引でも、広告費やコンサルタント料、クラウドサービス利用料、スマホアプリ代金など毎月決まった額を課金するビジネスが増えている。そういったビジネスを手掛ける企業にとって毎月の請求業務は頭の痛い問題だ。請求先が数件、数十件であればいいが、数百件、数...(2017/9/29 提供:株式会社ラクーン)

製品資料
あのWannaCryも18カ月前に防げていた――脅威の検知率を誇るアンチウイルス
 今日の高度化するサイバー攻撃を前に、従来の対策は限界を迎えつつある。攻撃者はマルウェアを日々作成しては使い捨て、アンチウイルスベンダーが新種マルウェアの対応を済ませるころには、別のマルウェアを作成して攻撃を行っている。 未知のマルウェアに対応するべく...(2017/9/28 提供:Cylance Japan株式会社)

製品資料
SDS専門企業だからできる「高性能&低価格HCI」の秘密とは?
 IT環境を迅速に立ち上げる方法として、近年、ハイバーコンバージドインフラ(HCI)の注目度が高まっている。HCIはSDS(Software-Defined Storage)の技術を使い、外部のストレージアプライアンスを用いず、汎用的なx86サーバ上にコンピューティング機能とストレージ機能...(2017/9/25 提供:データコア・ソフトウェア株式会社)

プレミアムコンテンツ
商用3D CADカタログ 2017年版「SOLIDWORKS」
 ミッドレンジ3D CADとして、製造業を中心に幅広く活用されている「SOLIDWORKS(ソリッドワークス)」。本稿ではその歴史と特長、注目機能および次期バージョンに搭載予定の新機能を紹介する。 1995年、業界に先駆けてWindows完全準拠の3D CADとして「SolidWorks 95」が...(2017/9/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
働き方改革時代突入、今求められるクライアント環境構築の新しい手段とは?
 これまで、業務用に用いるクライアントPCなどのデバイスの配備はそこまで複雑なものではなかった。しかし、働き方改革に伴い、外出先でも円滑に業務ができるような端末を用意することが求められ、さらにスマートフォンやタブレットなどPC以外のデバイスまで業務に活用さ...(2017/9/15 提供:横河レンタ・リース株式会社)

製品資料
働き方改革に欠かせないクライアントPCのセキュリティ対策、その実現方法とは
 働き方改革によって、外出先で仕事をする機会が増えれば、その分セキュリティのリスクは高まる。万が一、端末が紛失や盗難に遭い、不正にログインされてしまえば情報漏えいは避けられない。セキュリティの高い特定の場所にデータを置くルールを定めていても、大事なデー...(2017/9/15 提供:横河レンタ・リース株式会社)

製品資料
提供コンテンツ20種類以上、地理情報を業務に利用したい企業に最適なサービス
 土木建築業務では、地盤のリスク情報の把握が非常に重要である。土地開発をするためには、もちろん事前の調査は欠かせないが、そのために必要な情報を一から収集し、システム化していくのは困難である。そこで役立つのが、地理情報の取得および活用を簡単な操作で行える...(2017/9/12 提供:応用リソースマネジメント株式会社)

製品資料
移行時期が迫る「Windows 10」――導入を成功させる秘訣は?
 「Windows 7」の延長サポート終了が2020年1月14日に迫っており、「Windows 10」への移行が本格化し始めている。まだ猶予が残されていると思うかもしれないが、「Windows XP」からWindows 7の移行の際にも、準備の遅れからサポート終了期限までに間に合わず、移行計画が...(2017/9/8 提供:東芝クライアントソリューション株式会社)

事例
IoT データが“つながる製品”の ROI を最大化する 3 つの仕組み
製造業を中心とするさまざまな産業分野で、IoT(Internet of Things)を活用した新たな価値創出、ビジネスモデルの変革を目指そうという動きが加速している。しかし、IoT への投資対効果(ROI)は不明瞭であり、貴重な投資を食い尽くす危険性や未知の領域へのチャレンジが伴う...(2017/9/7 提供:Ayla Networks, Inc.)

技術文書
企業へのIoT導入を実現させるIoTゲートウェイ
産業界ではIoT実現に向けた動きが加速し、接続対象がネットワーク機器から通信機能を備えていない機器へと広がりを見せています。「MMLink-GW」は、産業設備などで多く用いられているRS-485インタフェースをサポート。IP通信機能を備えていない産業設備も容易にネットワー...(2017/9/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
高い操作性のバックアップソフトウェアで、ランサムウェアの脅威に立ち向かう
 ランサムウェアが世界的に流行する中、企業は自社の重要なデータを守るため、至急対策を講じることが求められる。マルウェアの侵入を完全に防ぎ切ることは難しい。そうした状況のなか、近年ますます重要となるのが、侵入されてもデータを保護できるようにする仕組みであ...(2017/8/31 提供:株式会社アール・アイ)

製品資料
文科省のガイドライン案にも対応、教育機関に最適なインターネット分離技術とは
 近頃世間を賑わしているさまざまなサイバー攻撃に対して、教育機関も安心してはいられない。実際に、学校が保有する機微情報に対する不正アクセスの事案も発生し、児童生徒の個人情報を守るためにもインターネット環境を校務系システムから分離する必要が出てきている。(2017/8/28 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

レポート
800枚の図面分析から分かった、設計チーム効率改善5つのツボ
 CAD導入の初期は、個人がスキル向上をして効率化を目指す。しかし、このような『部分最適』アプローチでは、その効果は知れている。本ホワイトペーパーで紹介するACPE(AutoCAD Productivity Enhancement)プログラムでは、『全体最適』の視点で、チームが効率化の手法...(2017/8/22 提供:オートデスク株式会社)

事例
営業の一声から始まった3次元化への道、日本製衡所の目指す新たな設計体制とは
 日本製衡所は工業分野に特化した計量器の総合メーカー。主力はトラックスケールや工業用台はかりなど100kg〜10万kgの大型計量器で、その品質の高さには定評がある。 2000年には AutoCAD Mechanical を導入し、2D CAD による設計体制を確立していたが、営業部門からは...(2017/8/22 提供:オートデスク株式会社)

事例
西部電機が「2D CAD」から「初のオール 3D 設計」に踏み切って得たもの
 福岡県古賀市の西部電機は、物流マテハンシステムから産業機械、放電加工機、工作機等を開発・生産するメカトロニクスメーカーだ。その高度な技術力を示す最新例が、この春発表された超精密ワイヤ放電加工機「MEX15」だ。 その新製品の開発にあたり、高性能とコストダ...(2017/8/22 提供:オートデスク株式会社)

製品資料
ソーシャルビッグデータを提供、2000億件が定額・無制限で使えるサービスとは?
 従来のマスメディアを活用したマーケティングリサーチでは、消費者のニーズをつかむことが難しくなっている。そこで注目されるのが、SNSやECサイト、Q&Aサイトなどに日々投稿されるソーシャルビッグデータだ。消費者の生の意見が反映されたソーシャルビッグデータは...(2017/8/22 提供:ネイチャーインサイト株式会社)

製品資料
企業でも導入が進む「インターネット分離」 多くの自治体が導入する製品の正体
 高度なサイバー攻撃が世界的に流行する中、企業の多くは複数のセキュリティ製品を導入して多層防御策を講じている。ただし、セキュリティに絶対確実というものが存在しない今、注目を集めるのが、「インターネット分離」である。脅威の侵入経路になりやすいインターネッ...(2017/8/22 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

技術文書
金属パーツの材料選定と製造方法 〜「軟質」と「硬質」の材料特性を理解しよう〜
鋼鉄やステンレス鋼などの硬質金属と、真鍮、アルミニウムなどの軟質金属ではそれぞれ特性や用途が異なる。本ホワイトペーパーでは、以下の金属ごとに、強度・軽量性・耐食性などの特性や、製造方法を詳しく解説。【解説項目】・軟質と硬質 それぞれの材料特性について・...(2017/8/1 提供:プロトラブズ合同会社)

技術文書
プログラミング不要、高効率モータ制御を簡単に実現する「iMOTION2.0」とは
 ロータ(回転子)に永久磁石を用い、ステータ(固定子)のコイルを3相ACで駆動するPMSMは、小型・軽量で効率が高いことから、幅広いモータアプリケーションで広く普及してきた。 最近では、位置検出センサを使わないセンサレス駆動と、駆動電流から最大トルクを生成で...(2017/8/1 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

事例
複合機を使ったIoTサービス拡大も視野に、拠点間システム連携基盤の作り方
 京セラドキュメントソリューションズは、海外の売り上げが全社の約9割を占めている。今までは拠点ごとに最適化されたシステムを使用していたが、システム連携のために個別のインタフェースを開発して対応してきた。しかし、複雑化するシステムによってデータ連携のイン...(2017/7/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
【自動車】機能安全規格ISO 26262準拠の新しい統合テスト手法とは
昨今の車両には様々な電気/電子(E/E)システムが搭載され、各機能の高度化に伴い、車両システムは大規模化、複雑化の一途をたどっている。これにより、車両システムの安全度要求も日増しに高まってきた。こうした流れの中、機能安全の国際規格であるIEC 61508から派生した...(2017/7/18 提供:ハートランド・データ株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化で耐障害性を強化、データセンター向けVXLANゲートウェイ
 ビジネスの柔軟性や俊敏性を向上させるため、多くの企業が次世代型データセンターへの移行に取り組んでいる。その有力な方法の1つがネットワーク仮想化だ。中でも、統合型VXLANゲートウェイによる仮想化は、セキュリティを停止させることなく迅速に実装できるため、大き...(2017/7/5 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり
 高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるBIツールが登場するようになった。これにより多くの企業において、BIやアナリティクス関連の業務が組織内で広く浸透している。ここで新たな課題として浮上してきたのが、多数の企業で導入されている...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
購買明細の迅速な分析でコスト削減、NTTデータが実現した「戦略的調達」とは?
 事業で必要な商品を一括購入したり、調達先を統一したりすればコスト削減につながるが、大きな組織になるほど購入物品数も多く管理するのは難しい。NTTグループ主要企業の1社であるNTTデータも、Excelなどを使用した手作業で取引データの集計や分析を行っていたため、管...(2017/6/28 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

Loading