TechTargetジャパン

プレミアムコンテンツ
5分で分かる「LPWA(Low Power Wide Area)」
 IoT(Internet of Things)を実現するためには、モノをインターネットに接続する必要があります。PCであればIEEE 802.11a/b/g、スマートフォンでいえばLTEなどが接続技術としては一般的ですが、これらは高速な通信を可能とするかわりに多くの電力を消費し、そのコストも...(2017/3/27 提供:アイティメディア株式会社)

事例
小売業におけるIoTの役割と「Windows 10 IoT」の活用法
ビジネスを変革する力を持つIoT戦略を推進するために必要な要素とは何か。小売業にとどまらず製造、医療におけるIoTの役割を考えるとともにそ、その実現方法を検討する。このホワイトペーパーには、3つの目的がある。まず、IoT が具体的にどのようなものかを明らかにする...(2017/3/27 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方
 ビジネスとITの融合により、イノベーションを起こすデジタルトランスフォーメーション(DX)が本格化している。ITインフラの俊敏性がビジネスの俊敏性に大きく影響するため、これまで以上にITインフラの在り方が重要になっている。 DXには、いわゆる「第3のプラットフ...(2017/3/21 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
デジタルマーケティング成功のコツ――製薬メーカーなど4社の事例を解説
 Webサイトは企業にとって顔であり、豊富なコンテンツの提供はもちろん、情報が得やすいサイト構成や見せ方の工夫も求められる。他にも多言語対応や、グループ会社・部門・ブランドでのデザイン統一、セキュリティポリシーや情報ガバナンスの一貫性を実装できるといった...(2017/3/21 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

技術文書
今からでも間に合う、5分で分かるクラウドセキュリティのポイント
 SaaS、PaaS、IaaSなど、データを手元に置くことなくリソースの拡張性も高いクラウドサービスは注目を集める。毎日めまぐるしく話題が飛び交い、日々進展し続ける最新技術は便利であると同時に、迅速な情報のキャッチアップに奔走する担当者もいるのではないか。 その中...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
やみくもな暗号設定が招くリスク──Webサイト管理者のための暗号アルゴリズムの選び方
 SSL通信では送受信経路を暗号化してデータを保護するが、その通信確立時にネゴシエーション(ハンドシェイクとも呼ばれる)工程があり、AESやSHA1といった暗号アルゴリズムを選択するという処理が行われている。 暗号アルゴリズムに関する情報は、サーバやWebブラウザ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
スマホ向けサイトに求められるセキュリティ 拡がる無線LANのリスクと対策
 無線LAN は、一般家庭やオフィス環境のみならず、最近では駅、空港や飲食店などの公衆環境でも広く利用されている。また、スマートフォンやタブレット、ゲーム機器など手軽に無線LANを利用できるクライアント端末も普及して今後ますます利用場面が拡がっていくことが予...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
進化する「データ活用プロセス」、自動化・最適化を組織全体で実践する方法
 データは適切に活用してこそ、成果につながる。ビジネスにおいてはデータに基づく洞察の大切さはもちろん、成果を得るには迅速な行動が不可欠だ。できることなら、業務遂行上のさまざまな意思決定を自動化させていくことが望ましい。 自動化は判断の遅れを避け、意思決...(2017/3/10 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
データ仮想化の使い方――増え続けるコピーデータを管理するための処方箋
 現在では、効率的なITインフラの構築のために、サーバやネットワークの仮想化が一般的に使われるようになってきた。一方で、扱うデータ量は急増を続け、バックアップやDRの仕組みを改善したい、手間や時間をかけずに開発環境を準備したい、クラウドをハイブリッドで活用...(2017/3/1 提供:ベル・データ株式会社)

製品資料
無理なく始めるOne to Oneマーケティング――PDCAサイクルの実践は難しくない
 従来のマスマーケティング効果が薄れていく中、近年脚光を浴びているのが、個々の顧客に最適なマーケティング施策を実行するOne to Oneマーケティングである。もちろんこうした高度な施策は一朝一夕にできるものではなく、ツール整備を含めさまざまな環境を整えなければ...(2017/3/1 提供:株式会社フュートレック)

製品資料
デジタルマーケティングの基礎ガイド――どうする? 何から始める?
 企業のWebサイトは単なる情報発信の「場所」ではなく、マーケティングの重要な「チャネル」であることは言うまでもない。だが実際に有効活用できている企業は、どれほどあるだろうか。分析ツールやWebサイトを活用していても、部門や商材、サイトごとに縦割りで施策を展...(2017/2/27 提供:ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

レポート
DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説
 日本国内でもサービス障害を引き起こし、損害をもたらすDDoS攻撃の勢いが衰えない。対策の必要性は認識しているものの、実際に被害を受けていないことや、被害のイメージがつかめていないためか、対策が後回しになっている企業も少なくない。 DDoS攻撃の対策には、大き...(2017/2/27 提供:日本ラドウェア株式会社)

事例
半導体テストシステムによるコスト削減事例、特性評価と製造テストの手法解説
半導体デバイスの性能が向上するに従い、ATEシステムが陳腐化するまでの期間は短くなり、すぐに能力の限界に達してしまう。このことがテストコストの高騰を招く大きな要因になっている。目まぐるしく変化する環境下で、高まり続ける性能要件に対応可能なテストシステムが...(2017/2/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
製品追加による対応は限界、統合されたセキュリティ対策を考える
 安全な環境での使用が求められるアプリケーションの増加に伴い、サイバー攻撃から守るべき対象範囲は大幅に拡大している。一方サイバー攻撃はますます複雑かつ高度化し、複数のステージに拡散してセキュリティ対策を迂回する可能性まで出てきた。 これからのサイバーセ...(2017/2/24 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
自動車軽量化のカギを握る、「材料」と「製法」の選択のコツ
 自動車の燃費向上に対する重要なアプローチである「軽量化」。膨大な部品群について、機能的要件を満たしつつ、その素材や製法を見直していかなくてはならない。 かつてはくぎが必要なほど重かった乗用車のバックミラーも、現在では大半がマグネシウム製のフレームとプ...(2017/2/20 提供:プロトラブズ合同会社)

レポート
「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち?
 加速するビジネススピードに対応するために欠かせない、データベースの処理速度向上。これまで、バッチ処理などのパフォーマンスを向上させるためにDBチューニングを行うことで、処理速度の改善を図ってきた。しかしながらチューニングによる処理速度向上には限界がある...(2017/2/17 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

事例
キリンビールが求めた需給計画システム――多品種化する計画単位の対応が鍵
 ビールやウイスキーなどを製造しているキリンビールは、需給計画システムをスクラッチで開発・運用してきたが、ハードウェア老朽化やミドルウェアのサポート切れなどの要因からシステムの更新を検討し始めていた。 さまざまな業務パッケージ製品を比較検討してみるも...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
コスト対策だけではない、顧客満足度の向上にも応える設備管理の戦略ガイド
 製造業をはじめとして「アセットマネジメント」への取り組みが、ただの設備保全や修繕といった以上の意味を持つようになっている。設備資産のライフサイクル管理をもとに、コスト削減や収益性改善、サービスレベルや顧客満足度の向上が仕組まれる。 その中で、英国規格...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
厳格な製薬業界の規制に対応、保全担当の業務効率が大幅改善した秘訣
 製造業にとって、プラント設備や各種装置は命綱だ。たとえ小さなトラブルであっても、生産ラインが混乱し、大きな損失につながることもある。こうした事態を防ぐには、日々の保全作業が重要であり、「EAM(Enterprise Asset Management)」が大きな役割を果たす。 本ホ...(2017/2/14 提供:インフォアジャパン株式会社)

製品資料
保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化
 IT機器は一般的に、メーカーサポートの終了(EOSL:End of Service Life)に伴い、数年のサイクルで更新が余儀なくされてしまう。しかし、リプレースにはハードウェアの本体費用だけでなく、移行に伴うさまざまなコストや作業負担が掛かってしまい、デメリットも多い。(2017/2/9 提供:株式会社フィールドワン)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

製品資料
高機能CMSでWeb構築コスト・期間を削減――会員サイトやオウンドメディアも
 Webサイトにおける統一されたデザインと迅速な更新を可能とする開発基盤として人気が高いCMS(コンテンツマネジメントシステム)。これまではサイトの規模拡大やシステム要求の多様化などに伴う、システム開発の複雑化という課題をなかなか解消できずにいた。 特に問題...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

製品資料
肥大化するサイバー攻撃――低コスト・低負荷で企業のWebサイトを守るには?
 近年、サイバー攻撃は一層激しさを増し、大規模な情報漏えい事件の発生が相次いでいる。それを受けて、サーバなどの脆弱性をついた攻撃対策の重要性が認識されるようになった一方、手薄になりがちなのが、企業のWebサイトの機能を停止させ深刻な損害を与えるDDoS攻撃へ...(2017/2/1 提供:エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社)

製品資料
自治体並みのマルウェア対策を実現する「データ無害化」「マルチスキャン」とは
 標的型攻撃やランサムウェアなどのサイバー攻撃の被害が拡大する昨今、企業や組織のセキュリティ強化は喫緊の課題となっている。特に、マイナンバーの本格運用を開始した自治体では、総務省が策定した「自治体情報システム強靱性向上モデル」の実現に取り組んでいる。 ...(2017/1/16 提供:株式会社ラネクシー)

製品資料
Office 365を業務現場でスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない
 最新のOfficeアプリケーションを利用でき、豊富なコミュニケーションやコラボレーション機能でワークスタイル変革にも有効なOffice 365だが、いざ導入しても、現場の従業員がいきなり有効活用するのは難しい。 「操作方法が分からない」「使い慣れた機能しか使わない」...(2017/1/16 提供:株式会社マイクロメイツ)

技術文書
スマホで社内Webに接続したい
 今やスマートフォンやタブレット端末を使って社外から社内Webにアクセスする仕組みそのものを構築することは難しくはない。しかし、昨今の情報漏えい事例を参照し、いかなる場合でもセキュリティを確保できる体制を構築することは簡単ではない。しかも企業の情報システ...(2016/12/21 提供:株式会社コネクトワン)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
ソコが危ない! スマフォアプリのSSL実装にありがちな「落とし穴」とは?
 SSL/TLS接続のクライアントとして機能する、Webブラウザ以外のアプリケーションに、エラーや欠陥がまん延している。今日ではますます多くのサービスがWebブラウザ以外のアプリケーションインタフェースで提供されているため、この問題への対処が必要だ。 こうしたアプ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係
 アンケートや問い合わせフォームなど、インターネット上で個人情報を扱う時はSSLによる暗号化が必要不可欠だ。暗号化でセキュリティを高めて簡単に実現するために、あらかじめSSLが準備された環境を活用できる、共有SSLというサービスがある。 しかし、ネットショッピ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
公差に対して高まるプレッシャーに対応する方法とは?
 自動車や航空宇宙産業で生産される部品類の複雑化が進んでいます。品質管理や測定基準を満たす許容値(公差)の高度化・最適化も進んでいます。 さらに、以前はサンプルベースの検査をすることで、ロットのコンプライアンスを評価するだけの簡単なものでしたが、最近は...(2016/12/9 提供:CREAFORM(AMETEKグループ))

Loading