2022年02月17日 08時15分 公開
特集/連載

“クラウド不信”の金融業界で「チャレンジャーバンク」がクラウドを使う理由チャレンジャーバンクRedwood Bankのクラウド活用【後編】

デジタルに積極的に投資する新興銀行「チャレンジャーバンク」のRedwood Bank。従来の銀行が抱える課題と、Redwood Bankをはじめとするチャレンジャーバンクのデジタル戦略を説明する。

[Karl Flinders,TechTarget]

関連キーワード

SaaS | クラウドサービス | 金融 | IaaS


 英国のチャレンジャーバンク(免許を取得して銀行サービスを提供する新興企業)で、中小企業(SME)向けの銀行事業を手掛けるRedwood Bankは、創業当初からクラウドサービスに積極的に投資している。前編「“クラウドから生まれた銀行”Redwood Bankが急成長した理由」に続く本稿は、最新技術に投資し、事業の価値を高めるチャレンジャーバンクの動向を説明する。

 Redwood Bankが2018年に発行したホワイトペーパー「Redwood Bank: Born in the Cloud」によると、同社の2017年の立ち上げ当時は、金融業界のクラウドサービスへの不信感が理由で、銀行がクラウドサービスを利用することはまれだった。当時はクラウドサービスに対して、セキュリティやインフラ管理の主導権の喪失、金融規制への準拠に関する懸念が「世界中の金融サービスIT業界に広がっていた」と、同ホワイトペーパーは指摘する。

“クラウド不信”の中でもRedwood Bankがクラウドを採用した理由

 Redwood Bankがクラウドサービスを採用したのは、銀行などの規制産業でクラウドサービスへの認識が変わりつつある時期だった。同社の創設者や投資家は、新しい銀行の業務システムを構築する際に、クラウドサービスのインフラが、安全かつコストパフォーマンスが高く、事業の変化に合わせやすいインフラだと考えた。

 SaaS(Software as a Service)とIaaS(Infrastructure as a Service)ベンダーを探す際、Redwood BankはPRA(Prudential Regulation Authority:健全性監督機構)とFCA(Financial Conduct Authority:金融行為規制機構)の規制を受ける金融機関での導入実績があることを条件とした。PRAとFCAは、英国の金融監督機関だ。

ユーザー企業からの評価が高まるチャレンジャーバンク

 チャレンジャーバンクは、自社のシステムが単なる一般消費者向けのアプリケーションではないことを証明することで、事業者向け銀行業界の注目を集めている。これを裏付けるのが、2021年前半に英国のCMA(Competition and Markets Authority:公正取引委員会)が実施したSME向け銀行の顧客満足度ランキングだ。このランキングは英国の市場調査会社BVA BDRCの集計を基にしている。

 ランキング付けした4つのカテゴリーのうち3つにおいて、Starling Bankが顧客満足度トップを獲得したとCMAは報告している。Starling Bankは英国でインターネットバンキング事業を手掛けているチャレンジャーバンクだ。

 起業家のアン・ボーデン氏が率いるStarling Bankは、チャレンジャーバンクとして、いち早く利益を上げたことでニュースを飾った。チャレンジャーバンクはデジタル化を進めており、一般消費者向け事業と事業者向け事業の両方で着実に事業を成長させつつある。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...