ユニファイドコミュニケーションの比較記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、比較に関する比較の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

ユニファイドコミュニケーション関連の比較

ハイブリッド版「Skype for Business」を開発? Microsoft Teams移行促進で動き

Microsoftは、クラウドベースのIPコミュニケーションソフトウェアに移行する足掛かりとなる、クラウドとオンプレミス環境両方で利用できるビジネス向けSkypeの開発を進めている。

Microsoft TeamsとExchangeを連携させたいIT担当者が知っておくべき5つの注意点

コラボレーションサービスの「Microsoft Teams」が存在感を増している。IT担当者は、「Exchange Online」や「Microsoft Exchange Server」とMicrosoft Teamsを連携させる方法について検討する必要がある。

Facebook「WhatsApp」vs. Apple「Business Chat」、企業向けメッセージングツールの勝者は

「WhatsApp」のビジネスメッセージングが、コンタクトセンター市場に参入しようとしている。先行するAppleの「Business Chat」をはじめ、消費者が企業と直接やりとりできるメッセージングツールが次々登場している。

いまさら聞けない「Microsoft Teams」 基本の「き」

さまざまなコラボレーションツールが存在するが、もし自社がOffice 365を使っているとしたらMicrosoft Teamsに注目してほしい。

Slackなどチームコラボツールをより良く管理、IT担当者が考えるべき5ステップ

チームコラボレーション管理は、組織が複数のアプリを展開していると困難になる場合がある。だが、5つのステップを踏むことで、組織全体にわたってチームコラボレーションをより良く管理できる。

Microsoft Teamsのモバイルアプリはここが惜しい

Microsoftは、「Microsoft Teams」のモバイルアプリの機能を手早く構築しているが、Skype for Businessと連携させて運用する場合、ユーザーはビジネス向けでは使いにくいと感じているかもしれない。

UCaaSとCPaaSのどちらを選ぶべきか、最も無駄のない考え方

UCaaSとCPaaSを比べてどちらが優れているかという議論がある。こうした議論になると、重複する機能に目が行きがちになる。だが、両者は互いに補い合う関係になれる。

チームコラボレーションソフトウェア導入時に考えるべきルールとは

チームコラボレーションソフトウェアを検討する場合、その導入はIT部門と事業部門のどちらが導入するのだろう。両部門の中間に位置するというのがその答えかもしれない。

「Slack」から「Microsoft Teams」に乗り換えて幸せになれる人、なれない人の違い

ビジネスチャット市場でのシェア拡大を目指し、Microsoftがチームコラボレーションツール「Microsoft Teams」の一般提供を開始した。人気のビジネスチャットツール「Slack」に真っ向から勝負を挑む。

「Slack」が変えたのは仕事だけじゃない、UC市場“破壊”の可能性も

「Slack」をはじめとするメッセージングプラットフォームによって、ユニファイドコミュニケーション市場が危うくなっている。本稿は、メッセージングプラットフォームが急拡大した理由について紹介する。

1つ3役こなす「Cisco Spark Board」、大型ディスプレイが会議をどう変える?

Cisco Systemsは壁掛け式のインタラクティブディスプレイ「Cisco Spark Board」を発表した。この製品を導入することで、仕事はどう変わるのだろうか。

Slack打倒を狙う「Microsoft Teams」の侮れない強み Office 365+チャットは魅力的か

Microsoftは、新しくコラボレーションアプリ「Microsoft Teams」をリリースする。このアプリは、他のコラボレーションアプリと比べてどのような強みを発揮するのだろうか。

iPhoneの「電話」から通話アプリ発信が可能に、iOS 10のAPI「CallKit」とは

長らくiOSデバイスとユニファイドコミュニケーションのアプリケーションが連係されていなかった。Appleが「iOS 10」で解放した新API「CallKit」でその状況はどのように変わるのだろう。

「Slack」には到底及ばない、Facebookの企業向けSNS「Workplace」に足りない点とは?

Facebookの企業向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Workplace」は、主要なビジネスアプリケーションとの連係や企業データ保護の機能がまだ不十分だという。

人気のSlackに挑む「Cisco Spark」、単なるチャレンジャーで終わらない7つの理由

「Slack」対抗といわれるCiscoの「Cisco Spark」は、まだ多くの企業で使われていないが、これからのユニファイドコミュニケーション市場に大きな影響を及ぼす可能性がある。

価格の「Office 365」 vs. 電話連携の「Cisco Spark」、一長一短ある両雄をどう選ぶ?

Cisco SystemsとMicrosoftのクラウドコミュニケーションサービス、それぞれの長所と短所とは何か。料金面ではMicrosoftの勝ちだが、既に複雑な電話システムを導入している企業はCiscoにメリットを見いだすだろう。

「Cisco vs. Microsoft」、あなたの企業に向いているユニファイドコミュニケーションの選び方

2015年12月にクラウドでのコラボレーション機能を強化する計画を発表したCiscoとMicrosoft。両社の製品は重複する機能も多いが企業はどのような観点で製品を選べばいいのだろうか。

「Cortana」が自動処理? Microsoftの新コラボツール「Project GigJam」が謎

米Microsoftは新しいコラボレーションツール「Project GigJam」を発表した。一体どのようなツールなのだろうか。

現場が喜んで使うUC製品の条件は? 主要2社に聞く

一口に「ユニファイドコミュニケーション(UC)」といっても、提供されるサービスによって性質は異なる。今回は2大UCベンダーに自社製品の目指す方向性と導入の成否を分けるポイントを聞いた。

「MicrosoftはCiscoの競合ではなかった」説、UC市場で浮上

「Microsoft Lync」と「Cisco Jabber」。ユニファイドコミュニケーション市場の有力製品であるこの2製品は、二者択一ではなく相補的な関係にあるという見方がある。

Microsoftによる買収でSkype導入に関心を示す“Skypeお断り”企業

企業はこれまでセキュリティなどを理由にSkypeの採用に二の足を踏んできたが、MicrosoftがSkypeを買収したことにより、その状況は劇的に変化しそうだ。

ユニファイドコミュニケーション(UC)基盤製品一覧

通話やメール、プレゼンス確認などの複数の通信手段を統合するUC基盤製品は、単体の連絡手段だけでは得られない包括的なコミュニケーション力を企業に与える。生産性向上や意思決定の迅速化でも注目が集まっている。

ユニファイドコミュニケーション製品一覧

ビデオ会議、Web会議、IPテレフォニーなど、ユニファイドコミュニケーション関連製品をソリューション別に紹介する。

モバイルユニファイドコミュニケーション入門 PART3

モバイルUCの導入効果を紹介する本連載。最終回では、モバイルUCの機能を実装するための具体的な製品を主要な要素に基づいて見ていく。

Interopで占うユニファイドコミュニケーションの近未来像

2010年6月7日から5日間、ネットワーク技術の祭典「Interop Tokyo 2010」が開催。有力ベンダーが集う展示会からユニファイドコミュニケーション関連製品の動向を追った。

[an error occurred while processing this directive](none)