グループウェアの比較記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、比較に関する比較の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

グループウェア関連の比較

「Dropbox」が大規模アップデート G SuiteやSlackとの連携強化の狙いは

「Dropbox」は大規模アップデートにより、「G Suite」「Slack」「Zoom」など他のコラボレーションツールとの連携を強化した。Dropboxに新しく追加された機能と、Dropbox社の戦略について詳しく説明する。

Office 365とG Suiteに欲しかったあの機能を「格安で使い放題にする」方法とは

Office 365とG Suiteは使いきれないほど多くの機能を備える。しかしそれだけでは業務要件を十分に満たせず、結局は機能ごとに専門ツールを導入してしのいでいるケースもある。これを簡単に解決する方法がある。

今更聞けない「Office 365」と「Office 2016」決定的な違いとは?

Microsoftのオフィススイート「Microsoft Office」には「2016」と「365」がある。両者はどこが違うのだろうか。

「Office 365」で大丈夫? と思う企業が使うべきハイブリッドクラウド環境管理ツールの実力

「Office 365」は比較的成功しているが、導入に二の足を踏んでいる企業もある。「Operations Management Suite」の新機能は、こうした企業が抱いている懸念の一部を軽減しそうだ。

どこまでできる? 何がお得? そもそも「Office 365」とは何か

あるときは月額料金制のMicrosoft Office、あるときはクラウドメールサーバ、またあるときはグループウェア……。さまざまな顔を持つOffice 365。まずは機能の概要をおさらいします。

「iWork」「OS X」無償化でMicrosoftを揺さぶるAppleの打算

米Appleが踏み切った「OS X Mavericks」「iWork」「iLife」の無償化は、米Microsoftの組織体制や注力製品の現状をにらんだ戦略との見方がある。両社の思惑はいかに?

【徹底比較】クラウド型グループウェア4サービスのライセンス費用

「Google Apps」「サイボウズOffice on cybozu.com」「Garoon on cybozu.com」「desknet’s on Cloud」のライセンス費用をまとめるとともに、ユーザー数に応じたライセンス費用を比較する。

グループウェア移行企業が語るクラウド移行の苦労とメリット/デメリット

グループウェアをオンプレミスからクラウドへと移行した2社。クラウドへの移行の理由は何だったのか。移行時の苦労と工夫、クラウドのメリット/デメリットを語った。

Google Appsが向かない企業、それでも「クラウドに移行したい」なら

Google Appsは今のところ企業にとって万全なサービスとはいえず、当然導入には向かない企業もある。それでもクラウドに移行したいと考える企業に、ある事例を紹介する。

Google AppsをNotes、Exchange、サイボウズと比較する

Notes、Exchange、サイボウズといった主要グループウェアとGoogle Appsは何が違うのか。他社製品の優れた機能を挙げるとともに、「生まれの全く異なる」Google Appsの優れた点を紹介する。

iPad×クラウドで「会議」「メール」を快適に

企業が用意している通信環境は、モバイル端末の技術的進化やユーザーニーズに対応しきれていないとユニファイドコミュニケーションの専門家は語る。

Office 365の料金体系をめぐるIT管理者の不信感

Office 365の料金体系を見たIT管理者は不安を感じている。MicrosoftにはOffice 365の多様なライセンスオプションについての明確な説明が求められているようだ。

Office 365への移行をサポートするサードパーティー製品が登場

「Office 365」へ移行するためのサポートツールが出始めた。しかし、オンプレミスアプリケーションとクラウドが共存するハイブリット環境では、Office 365のメリットが損なわれる恐れがある。

情報セキュリティEXPO、マカフィーブースはモバイルデバイス管理とSaaSに注目

5月に開催される情報セキュリティEXPOでマカフィーは、4月に提供を開始したモビリティマネジメント製品などを出展。ショートセミナーを含めた複数のデモ展示を予定している。

ユーザー251万の国産グループウェアをそのままSaaS化「desknet’sクラウド」

ネオジャパンのカフェテリア方式クラウドアプリケーション「Applitus(アプリタス)」。その中核にあるのは、同社の看板グループウェアをそっくりSaaS化した「desknet’sクラウド」だ。

エンタープライズ製品の機能をクラウドで マイクロソフトのグループウェア「BPOS」

「Microsoft Online Services」は、マイクロソフトの企業向けサーバソフトで提供している機能をオンライン利用できるサービス。そのスイート版「BPOS」には同社の業務生産性に対するこだわりが込められている。

マイクロソフトが「Lync」で提示する透過的コミュニケーション

マイクロソフトはユニファイドコミュニケーション基盤製品のブランドを一新、「Lync」と名付けた。シリーズの後継製品の枠に収まらないLyncを通じて、新しいコミュニケーションの在り方を志向する同社の狙いとは?

ダウンロード数25万のOSSから生まれたグループウェアSaaS「アイポプラス」

エイムラックの「アイポ」は、無償のインストール版か有償のSaaS型から選択できる。グループウェアを手軽に利用したい企業、自社の業務に合わせてカスタマイズしたい企業などさまざまな要求に応えるサービスだ。

グループウェア製品一覧

ファイル共有、電子メールや電子掲示板、スケジュール共有、ワークフロー管理などの機能を統合した形で提供するグループウェア製品/サービスを紹介する。

導入効果を高める「Exchange Server 2010」移行術

多くの新機能が追加された「Microsoft Exchange Server 2010」。ユーザーがそれらの機能を十分に活用するためには、自社に最適化されたシステム環境への移行が不可欠だ。その際に注意すべき点とは?

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive](none)