2005年12月26日 10時15分 公開
特集/連載

ユーザーにとってCIOとはデスクトップアイコンであるColumn

一般社員はPCのアイコンをダブルクリックすることによってITに接する。彼らは、使いたい製品またはサービスという形でITが反応することを期待しているのだ。成功するCIOは、ITサービスのプロバイダーではなく、プロダクトマネジャーなのだ。

[TechTarget]

 「ITユーザーは、ITをデスクトップ上のアイコンだと思っている」──。ユーザーは、デスクトップアイコンをダブルクリックすることによってITに接しており、使いたい製品またはサービスという形でITが反応することを期待しているというのだ。この見方に従って、ニール・ニコライセン氏は「CIOは、プロダクトマネジャーなのだ」という考えに至り、製品管理の成功事例をITリーダーシップに生かすことに成功した。彼が実践した4つの戦略とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。