2006年07月20日 11時34分 UPDATE
特集/連載

RFIDが物流現場の常識を変えるインターネットで物流を「可視化」するRFID

インターネットと無線ICを組み合わせることで、物流の現場の効率を飛躍的に向上させるRFIDソリューション。旧来のバーコードによるシステムとはどこが違うのか。そして実際に導入するためにはどうすればよいのか。RFIDの最新ソリューション事情に迫った。

[TechTarget]

バーコードによる管理とRFIDによる管理の最大の違い

 現在、流通管理のソリューションには、バーコードが使われていることが多い。しかし、バーコードによる管理は、コードの読み取りに人間が介在する部分が多く、時間的・質的に完璧なものとは言えなかった。また、バーコードは印刷されたもののため、そこに流通過程で発生する情報を書き込むようなこともできない。さらに、バーコードには個体の識別子を含んでいないため、流通する商品を個体として管理することも難しい。

 このようなことを可能にするのが「RFID」を使ったソリューションだ。RFIDとは、小型の非接触無線ICタグのこと。タグ1つ1つに個体識別情報を書き込め、読み取りの範囲が広く、さらには無線のため読み取り面が見えなくても大丈夫なことから、バーコードに変わる新たなソリューションとして注目を集めている。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...