2007年04月02日 21時29分 UPDATE
ニュース

NEWSオラクル、Oracle Secure Enterprise Search 10g新版とコネクタを発表

日本オラクルは、新バージョンの「Oracle Secure Enterprise Search 10g」とコネクタを発表した。機密データの検索サポート機能とより柔軟なセキュリティ機能が追加されている。

[TechTarget]

 日本オラクルは4月2日、企業内向け検索エンジンの新バージョン「Oracle Secure Enterprise Search 10g Release 1(10.1.8)」と、同製品で利用できるコネクタの出荷開始を発表した。コネクタは同日より出荷され、Oracle Secure Enterprise Search 10gは2007年2月22日から出荷されている。コネクタにより、以前のバージョンで対応していたデータソースに加え、15種類以上のグループウェアやECM製品、業務アプリケーションといったエンタープライズコンテンツソースを、追加開発なしで検索できるようになるという。

 これにより、「IBM Lotus Notes/Domino」や「Microsoft Exchange」など、オラクル製品以外の情報ソースのセキュア検索に対応でき、顧客は物理的にシステムを統合することなく情報を統合でき、情報共有と情報保護の相反する2つの要件を満たすことがさらに容易になるという。

 Oracle Secure Enterprise Search 10gにはこのほか、あらゆる情報ソースからの検索結果やリアルタイム情報を取り込める「推奨コンテンツ」や、Oracle Secure Enterprise Search 10gのセキュアな検索リクエストを、企業内の別のOracle Secure Enterprise Search 10gで実行できる「フェデレーテッド検索」といった機能が追加されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...