沖電気工業、オープンソースソフトウェア・ソリューションセンタを開設NEWS

沖電気工業は、オープンソースソフトウェアを活用したシステム構築を支援する「オープンソースソフトウェア・ソリューションセンタ」を開設した。

2007年04月12日 20時35分 公開
[TechTarget]

 沖電気工業は4月12日、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用したシステム構築を支援する「オープンソースソフトウェア・ソリューションセンタ(OSSC)」を開設したと発表した。本センタでは、同社がこれまで培ってきたOSS関連技術を生かし、顧客の業務システムの規模、目的、要件に応じた企業情報システム向けプラットフォームを構築、提供していく。OSSCでは、「Red Hat Enterprise Linux」「MySQL」「JBoss Application Server」「Apache Tomcat」「Apache HTTP Server」「Struts」「Spring」を推奨OSSとしている。

 また、本センタ開設と同時に、主要OSSミドルウェアの活用を技術的に支援するプロフェッショナルサービス「e-OSSサービスパック」の提供も同日より開始した。本サービスは、同社が推奨するOSSおよびその周辺ソフトウェアによるシステム構築を、顧客の必要に応じて導入から運用までワンストップでトータルに支援するサービス。システムの中心になるOSSを指定することで、周辺のソフトウェアも含めて課題解決に当たるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...