オリンパスソフトウェアテクノロジー、リアルコムの情報共有基盤を全社導入NEWS

オリンパスソフトウェアテクノロジーが、リアルコムの情報共有基盤「REALCOM HAKONE for Notes」を全社導入し、社員約500名を対象に新たな情報共有基盤を構築した。

2007年05月16日 20時51分 公開
[TechTarget]

 リアルコムは5月16日、オリンパスソフトウェアテクノロジーがリアルコムの情報共有基盤「REALCOM HAKONE for Notes」を全社導入し、社員約500名を対象に新たな情報共有基盤を構築したと発表した。

 「REALCOM HAKONE for Notes」は、「Lotus Notes/Domino」の資産を活用し、次世代情報共有基盤を効率的に整備できるエンタープライズコンテンツマネジメント製品。Lotus Notes/Dominoのメタデータとアクティビティログのトラッキングを実現することで、コンテンツ自体をLotus Notes/Dominoに残したまま、ナビゲーションをWebアプリケーションで最適化することでLotus Notes/Dominoを再活性化。スイート製品「REALCOM KnowledgeMarket」の基本機能をLotus Notes/Dominoと統合することで、DB横断の「人と人、人と情報の最適なマッチング環境」を実現している。

 オリンパスソフトウェアテクノロジーは、オリンパスグループのソフトウェア部門としてアプリケーションシステムの開発を行っている。同社は「ソフトウェア開発に必要な社員の知識やノウハウを、時間や部門・拠点といった空間の制約を越えて流通させること」を今回の導入効果として見込み、1.開発プロジェクトにおける問題解決の支援、2.エンジニアによる相互の知識・ノウハウ提供の支援、3.会社全体の情報の流れを活発化し一体感を高めるといった3点を目的として活用を推進するとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...