2007年05月16日 20時51分 公開
ニュース

オリンパスソフトウェアテクノロジー、リアルコムの情報共有基盤を全社導入NEWS

オリンパスソフトウェアテクノロジーが、リアルコムの情報共有基盤「REALCOM HAKONE for Notes」を全社導入し、社員約500名を対象に新たな情報共有基盤を構築した。

[TechTarget]

 リアルコムは5月16日、オリンパスソフトウェアテクノロジーがリアルコムの情報共有基盤「REALCOM HAKONE for Notes」を全社導入し、社員約500名を対象に新たな情報共有基盤を構築したと発表した。

 「REALCOM HAKONE for Notes」は、「Lotus Notes/Domino」の資産を活用し、次世代情報共有基盤を効率的に整備できるエンタープライズコンテンツマネジメント製品。Lotus Notes/Dominoのメタデータとアクティビティログのトラッキングを実現することで、コンテンツ自体をLotus Notes/Dominoに残したまま、ナビゲーションをWebアプリケーションで最適化することでLotus Notes/Dominoを再活性化。スイート製品「REALCOM KnowledgeMarket」の基本機能をLotus Notes/Dominoと統合することで、DB横断の「人と人、人と情報の最適なマッチング環境」を実現している。

 オリンパスソフトウェアテクノロジーは、オリンパスグループのソフトウェア部門としてアプリケーションシステムの開発を行っている。同社は「ソフトウェア開発に必要な社員の知識やノウハウを、時間や部門・拠点といった空間の制約を越えて流通させること」を今回の導入効果として見込み、1.開発プロジェクトにおける問題解決の支援、2.エンジニアによる相互の知識・ノウハウ提供の支援、3.会社全体の情報の流れを活発化し一体感を高めるといった3点を目的として活用を推進するとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...