2007年06月21日 18時09分 公開
ニュース

オーシャンブリッジとファストサーチ&トランスファがパートナー契約NEWS

セキュアな企業内情報活用のためのイントラネットを構築するソリューションを提供

[TechTarget]

 オーシャンブリッジとファストサーチ&トランスファは6月21日、パートナー契約を締結したと発表した。ファストサーチ&トランスファは、主に大規模なエンタープライズサーチソリューションの提供を通じて、増大し続ける企業内情報のマネジメントをサポートしている。またオーシャンブリッジは、文書ファイルをファイルサーバにドラッグ&ドロップするだけで社内のWebサイトに公開し、セキュアに共有できるWeb文書公開システム「Net-It Central」を提供している。

 両社のソリューションを組み合わせることで、部門単位はもちろん、全社レベルでのセキュアな企業内情報活用のためのイントラネット構築が可能になる。両社は今回の協業により顧客企業に対するサービスを強化し、今後は販売およびマーケティング活動を共同で実施する。その活動の1つとして、7月19日に「企業内情報の有効活用〜エンタプライズサーチがもたらす次の一手〜」をテーマとする共催セミナーを東京・虎ノ門で開催。両社の連携がもたらす企業内情報活用のメリットについて、デモンストレーションを交えて具体的に紹介する予定だ。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...