日本IBM、Lotus Notes/Domino 8とともに、2つのLotus新製品を発表NEWS

SNS対応の企業向けソフトウェア「IBM Lotus Connections」および、コンテンツ共有ソフトウェア「IBM Lotus Quickr」をそれぞれ8月より発売

2007年07月31日 23時07分 公開
[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは7月31日、ブログやSNSなどのWeb 2.0の技術と思想を利用した2つのソフトウェアを発表した。今回発表されたのは、SNS対応の企業向けソフトウェア「IBM Lotus Connections(以下、Lotus Connections)」および、コンテンツ共有ソフトウェア「IBM Lotus Quickr(以下、Lotus Quickr)」。2製品ともに同日発表された「Lotus Notes/Domin」の新バージョン「Lotus Notes/Domino 8」と連携し、企業に新たなコラボレーション環境を提供する。

 Lotus Connectionsは、企業内外のネットワークを通じた情報収集/交換の効率化や、業務やプロジェクトに同様の関心を持つ社員同士をつなぐ環境の構築を支援するツール。企業の枠を超えた専門家のコミュニティ構築や、企業内では組織上の役割を超えた知識集合体を作り出すことも可能だという。

 Lotus Quickrは、社内外のチームでの協同作業を支援するコンテンツ共有ツール。メンバー同士がRSSなどを用いて、気軽かつ安全に情報共有できることが特徴。例えば、これまでの共同作業において、中間成果物のファイル共有をメールと添付ファイルで行っていたユーザーは、メールボックスの肥大化から開放されると同時に、バージョン管理、排他制御、最新バージョン更新通知といった機能を利用できるという。

 日本語版の出荷開始日はLotus Connectionsが8月31日から、Lotus Quickrが8月22日からの予定。なお、Lotus Notes/Domino 8は9月11日から提供を開始する。

ITmedia マーケティング新着記事

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...