日本オプロ、すべてSaaSで提供する帳票ソリューションを発売NEWS

「OPRO X Server」をSaaSで提供し、帳票開発・保守運用まで対応する「OPROARTS」。Salesforceと連携する「OPROARTS for Salesforce」も同時発売

2007年10月04日 18時16分 公開
[TechTarget]

 日本オプロは10月4日、帳票の開発から出力までをSaaSで提供する「OPROARTS(OPRO Anywhere ReporT Service)」を発売すると発表した。

 本サービスは、同社のWebベース帳票サーバソリューション「OPRO X Server」をSaaSとして提供するもの。単に帳票ソフトをSaaSで提供するだけでなく、帳票レイアウト作成、CSVデータとのマッピングなどの帳票開発、さらに帳票レイアウト変更などの保守運用業務も含まれている。これにより、ハードウェア/ソフトウェアの導入コストと開発コストを不要にし、ユーザー部門でも簡単に帳票設計ができるようになるとしている。価格はユーザー数フリーで月額3万円から。

 また、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce」と連携して見積書や請求書などの各種帳票を出力する「OPROARTS for Salesforce」も同時に発売する。価格は月額1ユーザー2500円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...