2007年10月04日 18時16分 公開
ニュース

日本オプロ、すべてSaaSで提供する帳票ソリューションを発売NEWS

「OPRO X Server」をSaaSで提供し、帳票開発・保守運用まで対応する「OPROARTS」。Salesforceと連携する「OPROARTS for Salesforce」も同時発売

[TechTarget]

 日本オプロは10月4日、帳票の開発から出力までをSaaSで提供する「OPROARTS(OPRO Anywhere ReporT Service)」を発売すると発表した。

 本サービスは、同社のWebベース帳票サーバソリューション「OPRO X Server」をSaaSとして提供するもの。単に帳票ソフトをSaaSで提供するだけでなく、帳票レイアウト作成、CSVデータとのマッピングなどの帳票開発、さらに帳票レイアウト変更などの保守運用業務も含まれている。これにより、ハードウェア/ソフトウェアの導入コストと開発コストを不要にし、ユーザー部門でも簡単に帳票設計ができるようになるとしている。価格はユーザー数フリーで月額3万円から。

 また、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce」と連携して見積書や請求書などの各種帳票を出力する「OPROARTS for Salesforce」も同時に発売する。価格は月額1ユーザー2500円から。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...