エンサーク、必要ストレージ量を半減する組み込みデータベースの最新版「DeviceSQL 4.0」を発売NEWS

組み込み機器向けデータベースとデータ管理のコードを生成する「DeviceSQL」のメジャーアップデート版。多数の機能追加や機能強化がなされた。

2008年03月18日 20時17分 公開
[TechTarget]

 エンサークは3月18日、組み込み機器開発において、SQLベースの言語を用いて高性能かつ軽量なデータ管理機能を開発するためのSDK(ソフトウェア開発キット)メジャーアップデート版「DeviceSQL 4.0」を発売した。今回のアップデートでは、同一メモリ空間内でも複数の独立したデータベースを構築できるようにしたほか、大量データの取り扱いや高速な書き込み処理を可能にする機能や、データベースファイルの圧縮・暗号化をサポートする機能などが追加された。

 DeviceSQL 4.0では新機能として、必要ストレージ量を従来の約50%に削減し、アプリケーションのストレージ利用を効率化する「コンプレッションアダプター」を搭載。さらに、追加機能の1つである「ライトストレージサービス」は、書き込み処理回数を減らし、トランザクション管理を簡略化してパフォーマンスを向上させるだけでなく、既存レコードを上書きするリングバッファ型のストレージ管理により必要なストレージ量を抑えることもできる。また、「インプレースUPDATE」は、アップデート時に既存データ値を直接更新、上書きすることで処理を高速化、かつデータベースファイルの肥大化を防ぐことができる。処理高速化と使用メモリ量削減のために、COMMITの処理時間を短縮するFLUSHコマンドや、指定したデータベースファイルのデータのみをバッファに展開するPM_OPEN/CLOSEコマンドも追加された。

 そのほか、PC上でSQLを使ったデータベースファイルの作成・編集を行えるデータベース操作ツール「SQLProbe」が追加された。アプリケーションを作成することなく直接データファイルにアクセスし、データの更新や検索が可能だという。

画像 ターゲットのデータベースファイルをPC上でデバッグ、編集できる。CSVファイルからのインポート/エクスポートもサポートしている《クリックで拡大》

 エンサークでは、開発に関するより高度な内容や課題に関しては、2008年1月に発表したプロフェッショナルサービスを通じて引き続き開発支援を行うとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。