2008年03月19日 18時25分 公開
ニュース

日本アバイア、導入コストを7割削減したUCパッケージを発表NEWS

IP-PBXソフトウェアとUCアプリケーションを個別に購入した場合と比較して、7割安の価格でUCソリューションを購入できるという。

[TechTarget]

 日本アバイアは3月19日、ユニファイドコミュニケーション(以下、UC)パッケージ「Avaya Unified Communications Editions」を発表した。今回発表したのは「Avaya Unified Communications Essential Edition」(以下、Essential Edition)と「Avaya Unified Communications Standard Edition」(以下、Standard Edition)の2種類で、5月から提供を開始する。

 Essential Editionは、IP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」とメッセージングソリューション「Avaya Modular Messaging」を組み合わせたUCのインフラパッケージ。Standard Editionは、同社が現在提供しているSIP(Session Initiation Protocol)ソフトフォンやVPNソフトなどすべての端末向けUCアプリケーションと、UCを実現するために必要なミドルウェアを組み合わせたアプリケーションパッケージとなっている。両パッケージは、IP-PBXソフトウェアとUCアプリケーションを個別に購入した場合と比較して、価格が約7割安くなるという。

 なお、Essential EditionとStandard Editionを同時購入できるパッケージも提供する。

関連ホワイトペーパー

VPN | コミュニケーション | ビデオ会議


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

ファイザーCEOが語る企業文化 コロナ禍から世界を救う製薬会社が重視する4つのコアバリュー
新型コロナウイルスワクチンの開発で一躍脚光を浴びることとなったファイザー。不可能を...

news012.jpg

「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年5月)
2021年5月も国内マーケティングオートメーション(MA)市場は順調に成長しています。「Sa...

news035.jpg

日本のエンターテインメント&メディアビジネスが「サブスク」の時代に生きる道とは?
メディアの時代からコンテンツの時代へ。コロナ後のエンターテインメント&メディア業界...