2008年03月19日 18時25分 公開
ニュース

日本アバイア、導入コストを7割削減したUCパッケージを発表NEWS

IP-PBXソフトウェアとUCアプリケーションを個別に購入した場合と比較して、7割安の価格でUCソリューションを購入できるという。

[TechTarget]

 日本アバイアは3月19日、ユニファイドコミュニケーション(以下、UC)パッケージ「Avaya Unified Communications Editions」を発表した。今回発表したのは「Avaya Unified Communications Essential Edition」(以下、Essential Edition)と「Avaya Unified Communications Standard Edition」(以下、Standard Edition)の2種類で、5月から提供を開始する。

 Essential Editionは、IP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」とメッセージングソリューション「Avaya Modular Messaging」を組み合わせたUCのインフラパッケージ。Standard Editionは、同社が現在提供しているSIP(Session Initiation Protocol)ソフトフォンやVPNソフトなどすべての端末向けUCアプリケーションと、UCを実現するために必要なミドルウェアを組み合わせたアプリケーションパッケージとなっている。両パッケージは、IP-PBXソフトウェアとUCアプリケーションを個別に購入した場合と比較して、価格が約7割安くなるという。

 なお、Essential EditionとStandard Editionを同時購入できるパッケージも提供する。

関連ホワイトペーパー

VPN | コミュニケーション | ビデオ会議


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...