日本アバイア、導入コストを7割削減したUCパッケージを発表NEWS

IP-PBXソフトウェアとUCアプリケーションを個別に購入した場合と比較して、7割安の価格でUCソリューションを購入できるという。

2008年03月19日 18時25分 公開
[TechTarget]

 日本アバイアは3月19日、ユニファイドコミュニケーション(以下、UC)パッケージ「Avaya Unified Communications Editions」を発表した。今回発表したのは「Avaya Unified Communications Essential Edition」(以下、Essential Edition)と「Avaya Unified Communications Standard Edition」(以下、Standard Edition)の2種類で、5月から提供を開始する。

 Essential Editionは、IP-PBXソフトウェア「Avaya Communication Manager」とメッセージングソリューション「Avaya Modular Messaging」を組み合わせたUCのインフラパッケージ。Standard Editionは、同社が現在提供しているSIP(Session Initiation Protocol)ソフトフォンやVPNソフトなどすべての端末向けUCアプリケーションと、UCを実現するために必要なミドルウェアを組み合わせたアプリケーションパッケージとなっている。両パッケージは、IP-PBXソフトウェアとUCアプリケーションを個別に購入した場合と比較して、価格が約7割安くなるという。

 なお、Essential EditionとStandard Editionを同時購入できるパッケージも提供する。

関連ホワイトペーパー

VPN | コミュニケーション | ビデオ会議


ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...