2008年04月09日 21時03分 公開
ニュース

ヤフーがMS Silverlightの採用を表明NEWS

DRMを活用した動画コンテンツの提供や、アプリケーションプラットフォームの1つとしてSilverlightに対応したサービスの展開を予定している。

[TechTarget]

 マイクロソフトは4月9日、ヤフーが提供するインターネットサービスにおいて、Webブラウザプラグイン「Microsoft Silverlight」を採用すると発表した。

 Microsoft Silverlightは、Web上で次世代のメディアエクスペリエンスやRIA(Rich Interactive Application)を実現するクロスブラウザ、クロスプラットフォーム対応のWebブラウザプラグイン。開発コストや開発期間の短縮、動画・音声のストリーミング配信、Windows Mediaテクノロジによる再生環境といった利点を提供する。

 Yahoo! JAPAN では、Silverlight上で表示することで可能になるDRM(デジタル著作権管理技術)を活用した動画コンテンツの提供や、アプリケーションプラットフォームの1つとしてSilverlightに対応したサービスの展開を予定している。

 ヤフーの代表取締役社長、井上雅博氏は「Yahoo! JAPAN は日々変化するインターネット環境やお客様のニーズに迅速かつ適切に対応していこうと考えており、Silverlightを用いることで、より良いサービスを提供できると期待しています」とコメントしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...