2008年04月09日 21時03分 公開
ニュース

ヤフーがMS Silverlightの採用を表明NEWS

DRMを活用した動画コンテンツの提供や、アプリケーションプラットフォームの1つとしてSilverlightに対応したサービスの展開を予定している。

[TechTarget]

 マイクロソフトは4月9日、ヤフーが提供するインターネットサービスにおいて、Webブラウザプラグイン「Microsoft Silverlight」を採用すると発表した。

 Microsoft Silverlightは、Web上で次世代のメディアエクスペリエンスやRIA(Rich Interactive Application)を実現するクロスブラウザ、クロスプラットフォーム対応のWebブラウザプラグイン。開発コストや開発期間の短縮、動画・音声のストリーミング配信、Windows Mediaテクノロジによる再生環境といった利点を提供する。

 Yahoo! JAPAN では、Silverlight上で表示することで可能になるDRM(デジタル著作権管理技術)を活用した動画コンテンツの提供や、アプリケーションプラットフォームの1つとしてSilverlightに対応したサービスの展開を予定している。

 ヤフーの代表取締役社長、井上雅博氏は「Yahoo! JAPAN は日々変化するインターネット環境やお客様のニーズに迅速かつ適切に対応していこうと考えており、Silverlightを用いることで、より良いサービスを提供できると期待しています」とコメントしている。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...