2008年05月14日 18時25分 公開
ニュース

NEC、処理性能を25%向上したNAS製品のミッドレンジモデルを発売NEWS

クアッドコアXeonプロセッサ E5420を搭載した「iStorage NS470」の販売を開始。処理性能を向上させたほか、2Uの薄型筐体にSAS/SATA HDDを混在して内蔵可能だ。

[TechTargetジャパン]

 NECは5月14日、NAS(Network Attached Storage)製品「iStorage NSシリーズ」において、CPUにクアッドコア Xeonプロセッサ E5420を搭載したミッドレンジモデル「iStorage NS470」の販売活動を開始した。

画像 iStorage NS470

 新製品は従来モデルに比べて約25%の処理性能を向上し、大容量化するファイルサーバへのウイルスチェックやバックアップ、文書管理ソフトでの大量データ管理などの処理による負荷を軽減する。また、RAID 6に対応した新RAIDコントローラの搭載により、HDDが2台まで故障してもデータ保護が可能だ。2Uの薄型筐体には、3.5インチSAS(Serial Attached SCSI) HDDに加えて安価で大容量の3.5インチSATA(Serial ATA) HDDを混在で6台、および大容量テープ装置を同時に内蔵できる。

 価格は72万円(税抜き)からとなっており、出荷時期は5月26日を予定している。

関連ホワイトペーパー

NAS | クアッドコア | RAID | バックアップ | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。