2008年08月18日 18時07分 公開
ニュース

ISR、Google Apps対応のSSOを年間1800円のASPサービスで提供NEWS

Google Appsへのシングルサインオンを実現する「Google Apps対応SSO ASPサービス」を提供。Google Apps利用料プラス1ユーザー当たり年間1800円で利用可能だ。

[TechTargetジャパン]

 インターナショナルシステムリサーチ(以下、ISR)は8月18日、「Google Apps」に対応したシングルサインオン(SSO)パッケージを、ASPサービス「Google Apps対応 SSO ASPサービス」としても提供することを発表した。9月16日よりサービスを開始する。

 Google Apps対応SSO ASPサービスは、ユーザーが現在管理しているActive Directoryの認証情報を使用して、Google AppsへのSSOを実現するSSOサーバをASPで提供するもの。SSOサーバが認証サーバの役割を果たすため、ユーザーのパスワード強度設定やパスワード有効期限設定、社外アクセスの禁止など、Google Apps単独では未対応の管理機能を利用することができる。また、組織内のアカウントIDとGoogle AppsのアカウントIDが連動して登録・更新・削除され、認証情報の同期が可能となる。価格は、1ユーザー当たり年間1800円(別途年間6000円のGoogle Apps利用料が必要)。

 ISRはSSOの提供だけではなく、各種カスタマイズ、GoogleデータAPIなどによるマッシュアップや、Google Appsの機能拡張などのユーザーニーズにも対応。グループウェアからGoogle Appsへの移行計画コンサルティングおよび導入支援作業、Googleへのメール移行や、「Google Sites」による社内ポータルサイト構築、専用アプリケーション開発など、さまざまなソリューションを展開している。

関連ホワイトペーパー

Google(グーグル) | ASP | 認証 | パスワード


ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...