2010年02月04日 09時00分 公開
ニュース

アシスト、機能同等でコスト5分の1のデータベース基盤ソリューションを発売NEWS

アシストはデータベース基盤ソリューションのエントリーモデルで、エンタープライズモデルの約5分の1のコストで同等の機能を実現する製品を発売した。

[TechTargetジャパン]

 ソフトウェア販売会社のアシストは2月3日、データベース基盤ソリューション「DODAI」(ドダイ)シリーズのエントリーモデル「DODAI-h(ドダイ・エイチ)ストレージ・コスト削減モデル Windows 版」の販売を開始した。

 DODAIは、Oracleデータベースの設計、構築、運用を効率的に実施するための方法論や手順をパッケージ化したデータベース基盤ソリューション。データベース構築ノウハウを体系化し、支援構成、支援手順、成果物といった支援サービスを標準化した「DODAIフレームワーク」、DODAIフレームワークに基づいて、障害検証、高負荷検証、耐久テストなど事前検証済みハードウェア・ミドルウェアを組み合せて設計したデータベース基盤システム「DODAIスタック(DODAI-h、DODAI-i)」の2種類で構成される。

 新製品のDODAI-h ストレージ・コスト削減モデル Windows 版は、Oracleのクラスタリング技術「Oracle Real Application Clusters」(Oracle RAC)と、HPのx86サーバ「HP ProLiant DLシリーズ」「HP StorageWorks Modular Smart Array シリーズ」などを組み合わせたデータベース基盤。OracleデータベースのAutomatic Storage Management(Oracle ASM)機能およびOracle Recovery Managerを活用することで、エントリーモデルのストレージでもエンタープライズモデルと同等の信頼性を保持できるため、ストレージ2台のミラー構成にした場合においても、ストレージコストを5分の1程度に抑制できたという。

画像 DODAI-hストレージ・コスト削減モデル Windows版のシステム構成図

 価格は、Oracle Database Enterprise Editionプロセッサ・ライセンス(4プロセッサ・ライセンス相当)が3800万円(税別)から、Oracle Database Standard Editionプロセッサ・ライセンス(2プロセッサ・ライセンス相当)が1500万円(税別)から。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。