2010年03月04日 09時00分 公開
ニュース

弥生とICカード出退勤システムが連動、交通費精算などを効率化NEWS

弥生会計/給与とICカードベースの出退勤管理システムが連動。データ入力を自動化することで経理担当者の手作業による集計の負担が軽減されるという。

[TechTargetジャパン]

 クラウズと弥生は3月3日、業務ソフト「弥生会計」「弥生給与」とICタイムカードシステムを連動させると発表した。これにより交通費精算や出退勤のデータ入力などが自動化される。

 クラウズの「SMARTTIMECARD(スマートタイムカード)」は、Suicaなどの交通系ICカードやFeliCa対応ケータイなどを利用して出退勤管理や交通費精算を自動化するICタイムカードシステム。ICカードの利用履歴をシステムに取り込み、定期券区間の差し引きや業務/私用での乗車履歴振り分けができるため、経費の二重支払いなどを防げる。

 今回の両システムの連動では、交通費精算データの仕訳データ化とそのデータの弥生会計への取り込み、および出退勤打刻データの弥生給与への取り込みが自動化される。この仕組みによって、経理担当者が交通費精算と出退勤打刻情報の集計を手作業で行う時間が大幅に短縮され、さらに2種類のデータの一元管理が図れるという。

 SMARTTIMECARDと連動する製品は「弥生会計 10」と「弥生給与 10」。

関連ホワイトペーパー

SMB | ワークフロー


ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...