ケアコムと富士通、重要イベントをリアルタイムで端末へ通知するUC連携ソリューションNEWS

ケアコム、富士通は、電子カルテシステムとIP電話システムを連携させ、重要イベントをWi-Fi内線端末へ通知するシステムをイベント出展した。カルテ情報の参照や指示の承認もWi-Fi端末から行い、業務の効率化を図る。

2010年07月22日 12時00分 公開
[加藤宗肖,TechTargetジャパン]

 ケアコムは7月15日、「国際モダンホスピタルショウ2010」で、富士通電子カルテシステムと、ナースコールシステムを連携させる「HOPE-UC連携ソリューション」を参考出展した。

画像 出展時の様子

 本製品では、電子カルテシステムを中心に、医師からの指示変更や看護師からのメッセージを、ほかの医師や看護師へ送信することが可能となる。通知される情報の項目は、検査結果、緊急情報を予定しているという。

画像 ソリューション全体図

 また、本システムは情報をIP電話システムでWi-Fi内線端末へ送信するため、どこでも確実な情報を受け取ることができる。レントゲンなどの電子カルテ上にある検査結果画像や指示を端末へ直接送信することも可能なため、現場での確実性を高めることにも貢献する。医師や看護師が持つWi-Fi端末にメッセージや画像を表示するので、新たな端末を持つ必要がない。看護師の端末はハンディナースコール端末としても使用可能。

 端末への情報送出には、ケアコムの無線IP端末連動システム「IP-exchanger」(参考出展)が使用される。SIP(Session Initiation Protocol)で音声データと画像情報をやり取りすることで、高度な情報処理機能を無線IP端末情報上で実現できるという。本システムとの連動により、患者ごとに呼び出し音の変更、部屋番号や患者名の漢字表記、モニターシステムのキャプチャー画像の表示が可能。

関連ホワイトペーパー

富士通 | IP電話


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。