BizCITY、回線の品質とグローバル対応で信頼のプライベートクラウドを実現プライベートクラウドソリューション最前線【第3回】

プライベートクラウドを実現するNTTコミュニケーションズの「Bizホスティング」。通信の優位性はネットワークキャリアならではだ。

2010年11月01日 08時00分 公開
[富樫純一,大神企画]

 クラウドコンピューティングが注目され始めて、数年が経過した。当初は、「所有するから使用する」に変わる企業システムの形態を見極めようとする企業がほとんどだったが、今は多くの企業が従来のオンプレミス型によるシステム構築からクラウド型へと移行を検討し始めている。それに伴い、大手ベンダーやデータセンター事業者を中心に、クラウド上で企業システムを構築・運用するサービスも続々と登場している。

 そうしたクラウドサービス事業に早くから取り組んできたのが、通信事業者のNTTコミュニケーションズである。同社が提供するソリューションサービス「BizCITY」のサービスメニューの1つ、「Bizホスティング」は、NTTコミュニケーションズが用意するクラウド環境上に企業システムを構築できる、言い換えればプライベートクラウドを実現する仮想サーバホスティングサービスである。

企業の経営課題を解決するトータルソリューション

 NTTコミュニケーションズは、時間や場所を問わずに業務に取り組めるビジネス環境を提供し、企業の経営課題を解決することを目的とするトータルソリューションサービスを体系化、BizCITYというブランドで提供している。もともとは、固定回線と移動体通信を組み合わせた“企業向けFMC(Fixed Mobile Convergence)”という通信事業者ならではのサービスから始まったものだが、現在はセキュアで高信頼、オンデマンドなクラウド型のサービスも拡充。企業システムにおけるさまざまなニーズに対応できる9つのサービスメニューを用意している。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...