2010年11月10日 08時00分 公開
特集/連載

個人用仮想デスクトップをユーザーに割り当てる方法Windows Server 2008 R2でのVDI

Windows Server 2008 R2で仮想デスクトップインフラを展開する方法の1つ、個人用仮想デスクトップの割り当て方を説明する。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 Windows Server 2008 R2で仮想デスクトップインフラ(VDI)を展開する場合、考えるべき選択肢は2つある。仮想デスクトッププールと個人用仮想デスクトップだ。

 この2つの技術は、アーキテクチャ的に非常に似ている。どちらもリモートデスクトップサービスをベースにしているからだ。仮想デスクトッププールでは、ユーザーは、利用可能な仮想マシン(VM)のプールからランダムに割り当てられたVMに接続する。ユーザーがログアウトすると、VMに加えられた変更はすべてロールバックされ、マシンは次のユーザーのために初期状態に戻る。

 これに対し、個人用仮想デスクトップは、ユーザーごとに専用に割り当てられる。このため、Windowsはロールバックプロセスをスキップし、ユーザーが行った変更を保持する。

 個人用仮想デスクトップをユーザーに割り当てるのは比較的簡単だが、あらかじめリモートデスクトップインフラを用意しておく必要がある。以下では、リモートデスクトップ(RD)セッションホスト、RD接続ブローカー、RD Webアクセスサーバ、RD仮想化ホストサーバが用意されており、ユーザーに割り当てる仮想デスクトップが作成済みであるという前提で、個人用仮想デスクトップをユーザーに割り当てる手順を説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。