2010年11月10日 08時00分 公開
特集/連載

個人用仮想デスクトップをユーザーに割り当てる方法Windows Server 2008 R2でのVDI

Windows Server 2008 R2で仮想デスクトップインフラを展開する方法の1つ、個人用仮想デスクトップの割り当て方を説明する。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 Windows Server 2008 R2で仮想デスクトップインフラ(VDI)を展開する場合、考えるべき選択肢は2つある。仮想デスクトッププールと個人用仮想デスクトップだ。

 この2つの技術は、アーキテクチャ的に非常に似ている。どちらもリモートデスクトップサービスをベースにしているからだ。仮想デスクトッププールでは、ユーザーは、利用可能な仮想マシン(VM)のプールからランダムに割り当てられたVMに接続する。ユーザーがログアウトすると、VMに加えられた変更はすべてロールバックされ、マシンは次のユーザーのために初期状態に戻る。

 これに対し、個人用仮想デスクトップは、ユーザーごとに専用に割り当てられる。このため、Windowsはロールバックプロセスをスキップし、ユーザーが行った変更を保持する。

 個人用仮想デスクトップをユーザーに割り当てるのは比較的簡単だが、あらかじめリモートデスクトップインフラを用意しておく必要がある。以下では、リモートデスクトップ(RD)セッションホスト、RD接続ブローカー、RD Webアクセスサーバ、RD仮想化ホストサーバが用意されており、ユーザーに割り当てる仮想デスクトップが作成済みであるという前提で、個人用仮想デスクトップをユーザーに割り当てる手順を説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...