2010年11月26日 20時39分 公開
ニュース

「Oracle E-Business Suite」最新版は新興国ビジネスをサポートNEWS

大企業向けERPパッケージ「Oracle E-Business Suite」に最新版が登場した。新興国に進出する製造業企業をサポートする機能を強化したのが特徴だ。

[TechTargetジャパン]

 日本オラクルはERPパッケージの最新版「Oracle E-Business Suite R12.1.3」(以下、R12.1.3)を提供開始したと11月25日に発表した。主に新興市場でビジネスを行う製造業向けの機能を強化した。

 Oracle E-Business Suiteは会計、人事、販売、購買、調達、生産、在庫、物流、設備などの各機能を持つ、主に大企業向けのERPパッケージ。R12.1.3では、受注管理、生産管理、購買管理、設備管理、人材管理の各機能を強化した。いずれも新興市場で展開する製造業企業に対応が求められるリスク対応やグローバル物流の最適化などに関連する機能強化だ。

 受注管理の機能強化では、輸出規制に抵触する不適切な取引や輸配送を防止するため、輸出入取引管理機能や受注管理機能を連携させる機能「ITM Adapter」を強化した。これによって受注、出荷、輸配送の各業務プロセスを連携させることができ、一元的な管理が可能になるという。

 購買管理では、物流コストを考慮した購買調達を可能にした。物流コストが把握できる荷揚げコスト管理機能と、購買調達管理機能との連携を強化し、材料購買検討の段階で、荷揚げコストまでを含めた総合的なシミュレーションをできるようにした。

 さらに設備管理機能の強化では、GIS(地理情報システム)製品との連携機能を追加し、新興国などに導入される生産設備や自社の拠点設備を地理情報上で確認し、最適な保守計画の立案、緊急時の迅速な保守作業の指示を可能にした。

関連ホワイトペーパー

Oracle(オラクル) | ERP | 製造業 | 業務プロセス | 生産管理 | 人事


ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...