2011年02月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

データバックアップソフト注目のトレンド(前)リモートバックアップを効率化するソースデデュープ

2010年のデータバックアップのトレンドを振り返り、今後の流れを予測する。今回は、デデュプリケーション(重複排除)技術を取り上げる。

[Carol Sliwa,TechTarget]

 2010年にデータバックアップソフト市場で最も注目されたトレンドは、ソースデデュプリケーション(重複排除)技術の本格的な普及と、仮想マシンバックアップの機能強化、そして伝統的なバックアッププロセスにおけるストレージスナップショット、リモートレプリケーション、継続的データ保護(CDP)の影響だった。

 こうしたトレンドの背景には、事業に影響を及ぼさない一定のタイムフレームでバックアップを処理しなければならない企業IT部門の悩みと、データの爆発的な増加問題を何とか解決しようとする業界の取り組みがある。

 「できるだけ多くのデータを蓄積したいとき、与えられた時間が限られているなら、それを迅速に処理する方法を見つけなければならない」と語るのは、マサチューセッツ州ミルフォードのEnterprise Strategy Group(ESG)の上級アナリスト、ローレン・ホワイトハウス氏だ。「バックアップのための小規模データ移動、高速ストリーミング、あるいは高速処理などの手法が決め手となるだろう」

データバックアップソフトにおけるデデュプリケーション

 IifoProがフォーチュン1000にランクされる145社を対象に実施した調査によると、全体の46%が「データリダクション/デデュプリケーション」を既に利用していることが分かった。また、全体の6%が「同技術の評価、パイロット導入」を実施しており、さらに31%が「短期的または長期的な導入計画を持っている」という。デデュプリケーションの導入を検討していない企業は、わずか18%だった。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...