2011年02月25日 09時00分 公開
特集/連載

Windows 7の機能縮小版「Windows Thin PC(WinTPC)」は価値も縮小版?Embeddedではない軽量Windows 7

Microsoftはソフトウェアアシュアランス契約者向けに、旧型PCで稼働する縮小版のWindows 7「Windows Thin PC(WinTPC)」を提供する計画だ。

[Brian Madden,TechTarget]

 「Microsoft Windows Fundamentals」という名称を耳にしたことはあるだろうか。これは、機能縮小版のWindows XPで、Windowsの「正式な」バージョンを実行する性能がない古いPCでの利用を目的としている。

 米Microsoftのガブリエラ・シュスター氏が公式ブログに投稿した2月9日付の記事で、MicrosoftはWindows FundamentalsのWindows 7 Service Pack(SP) 1へのアップデートを計画していることが明らかになった。この新しいバージョンは、Windows Fundamentalsではなく、「Windows Thin PC(WinTPC)」という名称になる予定だ。

 シュスター氏のブログによると、「WinTPCは、既存のPCをシンクライアントとして再利用できるようにする、フットプリント(稼働時のリソース使用量)が小さい、機能制限されたバージョンのWindows 7」だという。

 この説明を理解しておくことは重要だ。WinTPCは名前に「Thin(シン)」が付いているが、「シンクライアント向けのWindows」ではないからだ(もちろん、Microsoftはシンクライアント用のWindows製品を提供しているが、これはWinTPCではなく、「Windows Embedded」と呼ばれる)。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...