Microsoftのライセンス規約内でIE 6をWindows 7で利用する方法Microsoftは合法だとしながらもサポートしない方針

Windows 7上でIE 6アプリケーションのテストを簡単に実行したい開発者などに向けた、Microsoftが公表する正規の手段とは別の方法が存在する。

2011年05月13日 09時00分 公開
[Bridget Botelho,TechTarget]

 米Microsoftは、アプリケーション仮想化ツールを利用したWindows 7上でのInternet Explorer(IE) の仮想化(IE 6などのレガシーバージョンの実行)を認めておらず、ユーザーにMicrosoft Enterprise Desktop Virtualization(以下、MED-V)またはターミナルサービスを使用するように求めている。しかし、一部の企業は、Windows 7上でIE 6の実行を可能にする簡単で合法的な手段を探し続けている。

 そこでビジネスチャンスを見いだしたMicrosoftの元幹部3人と元開発者何人かが、2010年にBrowsiumという会社を立ち上げた。同社は2011年3月、Microsoftのライセンス規約に違反することなく、IE 6をWindows 7で実行可能にするソフトウェアをリリースした。

 これは「UniBrows」と呼ばれるIEのアドオンで、Browsium社独自のコードを使用して、IE 6のレンダリングエンジンをIE 8またはIE 9のタブ内で実行する製品だ。同社取締役のゲイリー・シェア氏の説明によると、UniBrowsは複数のバージョンのIEを実行するわけでもなく、Webブラウザのエンジンを再頒布するわけでもないのでMicrosoftのライセンスに違反しないという。

 「別のエンジンに切り替えているだけで、これはMicrosoft自体の“互換表示”機能の仕組みと同じだ。同じ技術に対して別のアプローチをとっているだけだ」とシェア氏は説明する。

 長年にわたりMicrosoftのIE製品グループを指揮していたシェア氏の話では、MicrosoftはUniBrowsの適法性を調べ、ライセンスに違反していないことは認めたが、サポートはしないという。

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...