2011年09月09日 18時30分 公開
特集/連載

Windows Phone「Mango」の次バージョンは「Tango」そして「Windows Phone 8」は?

MicrosoftがついにWindows Phone「Tango」の存在を正式に認めた。同社はTangoで何を狙っているのか? そして「Windows Phone 8」(コードネーム:Apollo)とは?

[Valerie Sarnataro,TechTarget]

 約1週間後に「Windows Phone 7.5(コードネーム:Mango)」が提供されるというタイミングで、Microsoftは今後のWindows Phone OSについての計画を明かした。

 6月に台湾のCompal Electronicsのレイ・チェンCEOが、あるプレスイベントでうっかり「Tango」というコードネームを口にしていたが、これまでMicrosoftはこの話を黙殺してきた。しかし、8月23日に香港で開催されたMSDNセミナーにおいて、同社は正式にWindows Phone Tangoの存在を認めた。

 TangoはMangoの次のメジャーアップグレードであると目されていたが、中間のマイナーアップデートになるようだ。Microsoftによると、「Windows Phone 8(コードネーム:Apollo)」がMangoの次のメジャーアップデートになる。ただし、Apolloの詳細については、同社は口をつぐんだままだ。

 Tangoの主なターゲットは、中国やインドなど、従来は顧みられなかった新興国になる。このような新興国市場でメーカーに安価なTango搭載端末を販売してもらえれば、MicrosoftはBingなどのサービスを展開できる。

 TangoについてもApolloについても、これ以上詳しい情報は明かされていないが、少なくともこの2つの新版の存在が正式に認められた。9月1日のWindows Phone Mango搭載スマートフォンの発表時に、両バージョンについて簡単に言及されるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。