Windows Phone「Mango」の次バージョンは「Tango」そして「Windows Phone 8」は?

MicrosoftがついにWindows Phone「Tango」の存在を正式に認めた。同社はTangoで何を狙っているのか? そして「Windows Phone 8」(コードネーム:Apollo)とは?

2011年09月09日 18時30分 公開
[Valerie Sarnataro,TechTarget]

 約1週間後に「Windows Phone 7.5(コードネーム:Mango)」が提供されるというタイミングで、Microsoftは今後のWindows Phone OSについての計画を明かした。

 6月に台湾のCompal Electronicsのレイ・チェンCEOが、あるプレスイベントでうっかり「Tango」というコードネームを口にしていたが、これまでMicrosoftはこの話を黙殺してきた。しかし、8月23日に香港で開催されたMSDNセミナーにおいて、同社は正式にWindows Phone Tangoの存在を認めた。

 TangoはMangoの次のメジャーアップグレードであると目されていたが、中間のマイナーアップデートになるようだ。Microsoftによると、「Windows Phone 8(コードネーム:Apollo)」がMangoの次のメジャーアップデートになる。ただし、Apolloの詳細については、同社は口をつぐんだままだ。

 Tangoの主なターゲットは、中国やインドなど、従来は顧みられなかった新興国になる。このような新興国市場でメーカーに安価なTango搭載端末を販売してもらえれば、MicrosoftはBingなどのサービスを展開できる。

 TangoについてもApolloについても、これ以上詳しい情報は明かされていないが、少なくともこの2つの新版の存在が正式に認められた。9月1日のWindows Phone Mango搭載スマートフォンの発表時に、両バージョンについて簡単に言及されるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...