2011年10月21日 09時00分 公開
特集/連載

事例で学ぶBI活用のアイデア【第6回】2500人が活用する全社連携BIシステムを構築したIT企業事例

最もBI展開が難しいとされる営業現場への導入から、段階的な全社展開を成し遂げたあるIT企業。AccessやExcelでのリポート作成に限界を感じている企業にぜひ読んでほしい事例だ。

[小島 薫,ウイングアーク テクノロジーズ]

なぜ営業現場のBI展開は難しいのか

 ビジネスインテリジェンス(BI)の導入において、一般的に最も展開が難しいといわれているのが営業現場だ。最近ではSFA(Sales Force Automation)CRM(Customer Relationship Management)の導入が一般的になり、営業現場でのIT利用は進んではいるものの、経理部門や経営企画、営業企画といった管理、企画部門などに比べるとデータの活用が業務の中に浸透していないためだと筆者は考えている。

 以前執筆した連載、「部長のためのBI活用講座」の第1回「営業部長、SFAデータを本当に使えていますか?」で、BIを使って営業活動の中でSFAのデータを生かすという話を紹介した。今回紹介するBI活用事例では、約600人の営業担当者が日々の営業活動の中で、SFAだけでなく社内システムのデータをBIで活用している。その後、営業部門だけでなく、全体で2500人が利用する全社連携の集計システムへと全社レベルのデータ活用に発展している。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。