2011年10月21日 09時00分 公開
特集/連載

2500人が活用する全社連携BIシステムを構築したIT企業事例事例で学ぶBI活用のアイデア【第6回】

最もBI展開が難しいとされる営業現場への導入から、段階的な全社展開を成し遂げたあるIT企業。AccessやExcelでのリポート作成に限界を感じている企業にぜひ読んでほしい事例だ。

[小島 薫,ウイングアーク テクノロジーズ]

なぜ営業現場のBI展開は難しいのか

 ビジネスインテリジェンス(BI)の導入において、一般的に最も展開が難しいといわれているのが営業現場だ。最近ではSFA(Sales Force Automation)CRM(Customer Relationship Management)の導入が一般的になり、営業現場でのIT利用は進んではいるものの、経理部門や経営企画、営業企画といった管理、企画部門などに比べるとデータの活用が業務の中に浸透していないためだと筆者は考えている。

 以前執筆した連載、「部長のためのBI活用講座」の第1回「営業部長、SFAデータを本当に使えていますか?」で、BIを使って営業活動の中でSFAのデータを生かすという話を紹介した。今回紹介するBI活用事例では、約600人の営業担当者が日々の営業活動の中で、SFAだけでなく社内システムのデータをBIで活用している。その後、営業部門だけでなく、全体で2500人が利用する全社連携の集計システムへと全社レベルのデータ活用に発展している。

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。