2012年01月20日 13時51分 公開
ニュース

ダイレクトパーツマークでも自動制御で最適読み取りできる工業用バーコードリーダーNEWS

工業用バーコードリーダー「DataMan」シリーズに新製品が登場。初期設定や対象物ごとのチューニングが自動化されており、作業者に依存せず誰でも扱えるのが特徴だ。

[原田美穂,TechTargetジャパン]

 コグネックスは2012年2月6日から同社の工業用バーコードリーダー「DataMan」シリーズの最新モデル「DataMan 300」(標準解像度モデル)と「DataMan 302」(高解像度モデル)の2種の受注を開始する。

 同製品は、独自の画像認識アルゴリズム「2DMax+」「1DMax+」を搭載しており、レンズにはリキッドレンズを採用している。MCProtocol、Ethernet I/P、PROFINETなどの工業用ネットワークプロトコルにも対応する。

 一般に、反射などの影響を受けるために画像認識による読み取りが難しいとされる金属、ガラス、樹脂などの場合でも、設備や設定を変更せずに読み取れるオートチューニング機能も搭載される。これにより、読み取り対象の材質を意識せずに同じ読み取り機器で作業を進められるようになる。

 オートチューニング機能では、画像読み取り時に、内蔵モジュラ照明や外部照明オプションを自動制御する。こうした自動化により、セットアップ作業に掛かる作業負荷が減る。設定時も、「インテリジェントチューニング機能」を使った自動設定が可能なため、複雑な初期設定は不要だ。

 同社では、自動車産業や電子部品製造に使用される通常サイズ(10mm角前後)のDPMなら標準解像度モデルが、液晶・太陽電池製造で使用される小型部品の極小DPMの読み取りなら高解像度モデルが最適だとしている。

製品イメージ 製品イメージ

関連ホワイトペーパー

生産管理 | 製造業


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...