2012年01月25日 09時00分 公開
特集/連載

メモリ割り当てから解放までのメモリライフサイクルWindowsメモリ管理の勘所(後編)

Windows上でプログラム(プロセス)が起動されると、メモリの中では何が起こるのか。プロセスの起動から終了までに行われるメモリ操作を見てみよう。

[Gary Olsen,TechTarget]

 前編「32/64ビットWindowsのメモリ割り当てと仮想アドレス空間」では、32ビットおよび64ビットのWindowsにおけるメモリ割り当ての概要を解説した。後編では、あるプロセスに着目してメモリ管理機構の動きを追ってみる。

メモリの予約

 プロセスは起動時に、開発元がコードに指定している量のメモリを予約するが、これには物理リソースはほとんど必要ない。これはホテルの予約と似ている。予約をするには、システムに予約内容を入力し、客と話をする時間が少し必要なだけだ。客が到着するまで、部屋が専有されることはない。

 メモリのコミットは、プロセスがメモリマネージャに予約したメモリ(RAMおよびページファイル)を要求した時点でなされる。ホテルの例で言えば、ホテルのチェックインに当たる。

ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...