メモリ割り当てから解放までのメモリライフサイクルWindowsメモリ管理の勘所(後編)

Windows上でプログラム(プロセス)が起動されると、メモリの中では何が起こるのか。プロセスの起動から終了までに行われるメモリ操作を見てみよう。

2012年01月25日 09時00分 公開
[Gary Olsen,TechTarget]

 前編「32/64ビットWindowsのメモリ割り当てと仮想アドレス空間」では、32ビットおよび64ビットのWindowsにおけるメモリ割り当ての概要を解説した。後編では、あるプロセスに着目してメモリ管理機構の動きを追ってみる。

メモリの予約

 プロセスは起動時に、開発元がコードに指定している量のメモリを予約するが、これには物理リソースはほとんど必要ない。これはホテルの予約と似ている。予約をするには、システムに予約内容を入力し、客と話をする時間が少し必要なだけだ。客が到着するまで、部屋が専有されることはない。

 メモリのコミットは、プロセスがメモリマネージャに予約したメモリ(RAMおよびページファイル)を要求した時点でなされる。ホテルの例で言えば、ホテルのチェックインに当たる。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...