2012年03月22日 09時00分 公開
特集/連載

Hewlett-Packard社内文書のWindows 8──Ultimateは廃止?Windows 8は何種類提供されるのか?【後編】

Windows 8には幾つのバージョンあるいは幾つのエディションが存在するのか。米Hewlett-Packard社内文書内の記述にヒントがある?

[Jacqueline Emigh,TechTarget]

 前編「不透明なWindows 8のPC版とARM版の互換性──アプリは作り直し?」では、PC版とARM版で生じるWindows 8の互換性問題と、ARMタブレット専用アプリ登場の可能性について紹介した。後編では、Microsoftが公言した「タブレット版に含まれない一部の管理機能」について検討し、さらに米Hewlett-Packardの社内文書に記述されたWindows 8の各種バージョンについて紹介する。

Windows 8タブレットはPC並みの管理機能を備えず

 「Windows 8 Consumer Preview: A Product Guide for Businesses」と題された米Microsoftの最近の文書によると、「Windows 8のARM対応版には、32ビット版および64ビット版と同じ管理機能は含まれないが、企業は管理対象外の環境でこれらの省電力端末を利用できる」としている。

 Microsoftはタブレット版で省略される機能を明らかにしていないが、Directions on Microsoftのアナリスト、マイケル・チェリー氏によると、省略されるのはGroup PolicyやActive Directoryなど、IT部門が社内で従業員のPCを管理するのに使用する機能ではないかという。

 Microsoftの方針に驚いている人もいるようだ。「企業は従業員が携帯端末を利用できるようにしたいと思っている。しかしこれではWindows 8タブレットの管理機能はiPadとそれほど変わらないように思える」とチェリー氏は話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。