2012年12月14日 20時00分 公開
ニュース

中外製薬がIFRSを任意適用、2013年第1四半期から開示へ【IFRS】欧州親会社と整合性を取る

IFRSを適用する理由は「国内外投資家の利便性向上と裾野の拡大」と「経営管理指標の一本化」。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 大手医薬品メーカーの中外製薬は2012年12月14日、IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を2013年12月期に任意適用すると発表した。2013年第1四半期からIFRSに基づく開示を行う。

 中外製薬がIFRSを適用する理由は「国内外投資家の利便性向上と裾野の拡大」と「経営管理指標の一本化」。中外製薬の親会社、スイスのロシュはIFRSで開示していて、IFRS適用によって親会社と同一の指標で経営を管理できるようになる。

 中外製薬はIFRS適用による影響額などを説明する資料を同時に公表した。製商品売上の認識が日本基準の出荷基準から、IFRSでは着荷基準になったり、開発品導入契約金を費用処理から資産化へ変更するなど、IFRSによる会計処理の変更を説明している。

 IFRS適用に合わせて新たな管理指標も導入する計画で、従来の営業利益に替わる指標として「Core営業利益」や「営業フリー・キャッシュ・フロー」などを利用する。これらの指標はロシュなど欧州の大手医薬品メーカーが使う指標とも整合性があるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...