2013年01月07日 20時00分 公開
ニュース

大手監査法人が相次ぎミャンマー事務所開設、日本企業を支援企業の進出を受けて

大手会計事務所はミャンマー進出を目指す企業のサポートに次の商機を見いだしている。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 2012年後半からグローバルに活動する大手会計事務所のミャンマー進出が続いている。民主化に伴ってミャンマーは企業の製造拠点設立などが期待されているが、法制度や経済インフラが未整備といわれている。大手会計事務所はミャンマー進出を目指す企業のサポートに次の商機を見いだしている。

 KPMGは2012年11月2日、ミャンマーのヤンゴンに事務所を設立したと発表した。ミャンマー事務所の開設はKPMGタイランドが中心となって行い、KPMGの日本とシンガポールの事務所がサポートした。ミャンマーへ進出する企業を支援する目的で、会社や支店の設立の他、外国投資認可取得の支援、税務コンサルティング、会計業務支援などのサービスを行う。ミャンマー事務所の責任者は、KPMGのグローバル・ジャパニーズ・プラクティスASEAN統括責任者で、パートナーの藤井康秀氏が務める。

 PwCも2012年11月6日にミャンマーにメンバーファームを設立したと発表した。ミャンマー企業やミャンマーに進出した海外企業を対象に監査や税務コンサルティング、アドバイザリーサービスを提供するという。

 新日本有限責任監査法人もミャンマーへ進出する日本企業を支援する体制を整えた。新日本監査法人は2012年10月29日に「新興国コンサルティング室」を開設。ミャンマーとインドネシア、インド、中国を対象に会計や税務、M&Aなどについての専門コンサルティングを提供するという。

 ミャンマーはIFRSと同等の会計基準を採用していて、進出する日本企業もミャンマーの会計基準への対応が必要になるとみられる。

 ミャンマーは長く軍事政権が続いていたが2011年に民政に移行した。それ以降、さまざまな民主化改革を行っている。米国や欧州は民主化を受けてそれまで行ってきた経済制裁を緩和。日本企業をはじめとする海外企業の進出が続いている。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...