2013年06月10日 08時00分 公開
特集/連載

IFRS適用に本気の企業はどこ? 833社から探るトヨタ、キヤノンはいつ動く

現在20社程度のIFRS適用企業が今後増える見込みだ。金融庁も要件緩和でIFRSを適用しやすくする方針。今後、IFRSを適用する業種、企業はどこか? IFRS適用の兆候から探る。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 一度はしぼみかけた日本企業のIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)適用への勢いが盛り返してきた。現在のIFRS任意適用企業数は10社で、他に11社が適用を表明している。だが、この21社以外にも日本経済団体連合会(経団連)は60社の適用を見込んでいる。日本を代表する大企業のIFRS適用が進めば、東京証券取引所の株式時価総額の大半をIFRS適用企業が占めることになり、IFRSを策定するIASB(国際会計基準審議会)への日本の影響力が大きくなる。直近のIFRS強制適用は考えられない中で、日本は実質的なIFRS適用国へと進みつつある。

 公認会計士の中田清穂氏は2013年5月23日に開催されたTKCのセミナーで「今後のIFRS任意適用拡大の予測 〜次はどこの業界・業種が適用するのか〜」というタイトルで講演をした。その中で、IFRS任意適用を推進し始めた経団連や金融庁の動きを「急激に動き出した」と指摘した。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...