2013年08月02日 08時00分 公開
特集/連載

高機能化が進む“タブレット型電子カルテ”は次の段階へ国際モダンホスピタルショウ2013に見る

「タブレット端末を医療現場で活用したい」という要望は年々増加している。既に市場には多くのタブレット対応の電子カルテが存在するが、技術の進歩で高度化/高機能化が進んでいる。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 スマートフォンやタブレットなど、医療機関において汎用的なモバイル端末の導入が進んでいる。特に、在宅医療や救急医療など院外でも利用できる“携帯性”が医療現場のニーズに合致しているといえる。また、ここ数年でモバイル端末でも利用できる電子カルテは増えてきた。しかし、カルテ入力に関しては画面が小さすぎると心もとなく感じることもあるかもしれない。

 そんな中、2013年7月17〜19日に東京ビッグサイトで開催された「国際モダンホスピタルショウ2013」では、機能面での不安を払拭する“タブレット型電子カルテ”が出展されていた。本稿では、その一部を紹介する。

診察に必要な情報を一画面に集約する4K対応タブレット

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...