2013年12月20日 08時00分 公開
特集/連載

店舗スタッフ教育コストゼロ! アパレルショップのiPad活用POSも発注もiPadで

英国のアパレルショップで、iPadとWi-Fiを活用する試みが行われている。このソリューションを60店舗に展開し、どのような効果が得られたのか?

[Caroline Baldwin,Computer Weekly]

関連キーワード

iPad | Wi-Fi | Android | タブレット | 流通業


Computer Weekly

 英国のアパレル小売ブランドCoast、Oasis、Warehouseは、iPadとWi-Fiを活用することでリアル店舗における顧客体験の向上とコスト削減の方法を模索している。これら3ブランドで合計60店舗運営しており、そこで約150台のiPadをスタッフが使用している。また、iPadを使ったサービスを充実させるためにWi-Fiも導入中だ。

Computer Weekly日本語版 2013年12月18日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2013年12月18日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 店舗にiPadが初めて導入されたのは2011年。このiPadには、英BT ExpediteがAppleシステム用に設計した基本的なmPOS(モバイルPOS)システムがインストールされていた。

 Coast、Oasis、Warehouseの親会社で、iPadの導入を主導している英Aurora FashionsのITおよびディストリビューション担当CFO、リチャード・グランヴィル氏は、「マニュアルも何も付けずに、YouTubeのリンクだけを教えてiPadを店舗に配布した。それから1カ月ほどして様子を見に行くと、どのショップも独自の方法でタブレットを使いこなしていた。むしろ、われわれが店舗スタッフから学ぶことがあった」と当時を振り返る。

 このiPadには、mPOS以外にもITサービス会社の英Retail Assistが作成した給与アプリや店舗間の在庫移動を処理するアプリなどもインストールされている。グランヴィル氏によると、iPadは完全なPCベースのレジシステムよりもはるかに安上がりだという。

 「顧客対応にも利用できる。特にフィッティングルームで便利だ。スタッフはiPadを見ながら、お客さまが購入しようとしている商品やiPadを使って何をしているかをお客さまに説明している。店頭に在庫がない商品については、お客さまにその商品の写真をお見せして、そこから直接ストアに注文を出している」(グランヴィル氏)

 AuroraがAndroid端末ではなくiOS端末を選んだのは、最初にこの構想を練っていた2011年当時は、タブレットの選択肢があまりなかったためだ。

 「iOSからAndroidへの移行はそれほど難しくはない」とグランヴィル氏は言う。「技術的な検証がされたら、移行するのは問題ではない。アプリはストアシステムと通信するタブレットにインストールされる。技術的な作業が済めば、Androidへの移行は難しくないだろう」

 前述した通り、Coast、Oasis、WarehouseはWi-Fiを60店舗に導入している。このWi-Fiは英Vodat Internationalが提供している。Wi-Fiは顧客には非公開で、スタッフ専用になっている。

 グランヴィル氏によると、このWi-Fiソリューションの投資の妥当性を検証するため、最初は8店舗で試験的に導入したという。その結果、導入規模を拡大してiPadを配布した60店舗全てに導入することになった。

続きはComputer Weekly日本語版 2013年12月18日号にて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。

Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

別冊Computer Weekly 企業向けGoogleサービスのリスクとメリット

Computer Weekly日本語版 12月4日号:iPadに勝利したWindows 8タブレット

Computer Weekly日本語版 11月20日号:セキュリティ担当者を悩ます2つの敵


ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...