目指すは“病院版Facebook” 「SNS」に目を付け始めた医療業界患者の医療情報をソーシャルで共有

ソーシャルメディアの成功を受け、医療業界はそのモデルを取り入れようと模索中だ。セキュリティの懸念を乗り越え、患者にとって安全かつ効果的なコミュニケーション手段を確立する動きは進むのか。

2014年08月28日 12時00分 公開
[Reda Chouffani,TechTarget]

関連キーワード

SNS | Facebook | 医療IT | ソーシャル | Twitter


 患者との関係性を深めるために、医療提供者がソーシャルメディアを医療情報交換の基盤として利用する際、避けなければならないさまざまな問題が浮上する。ただし、多種多様な患者層に広く普及しているソーシャルメディアは、医療提供者を悩ませている「患者エンゲージメント」の問題に解決の糸口を与えてくれる可能性がある。

 患者は「Facebook」「Twitter」「Yammer」「Instagram」といったソーシャルメディアで情報を共有しながら、友人や家族、同僚とつながっている。複数のOSで利用でき、テキストや写真など各種のメディアを簡単に共有できるのが、こうしたツールの魅力だ。

 こうしたソーシャルなつながり方をEHR(電子健康記録)システム内の医療データ共有にも応用しようと、多くの病院や医療提供者が試行錯誤を続けている。残念ながら、「ソーシャルメディアを通じて患者とのデータ共有やつながりを促し、結果的に治療効果を向上させること」はそう簡単ではない。

ソーシャルに医療業界が熱視線

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...