2015年01月05日 12時00分 公開
特集/連載

“多層防御万能論”も崩壊セキュリティ製品では「100%の安全確保」はやっぱり無理 残された一手は?

複数のセキュリティ対策を組み合わせる多層防御の重要性が指摘されている。だが調査結果によると、セキュリティ製品が期待通りに機能しないことは珍しくないようだ。

[Brandan Blevins,TechTarget]

 多層防御セキュリティモデルが企業の情報セキュリティプログラムの中核を担っているといわれて久しい。多層防御セキュリティモデルでは、単一障害点を回避するために複数のセキュリティ製品やプロセス、コントロールを導入する。

 だが最近の調査結果によると、非常に優れたセキュリティ製品を導入していても、攻撃を受ける可能性はゼロにはならないことが分かった。

高性能セキュリティ製品の盲点

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...