2015年02月10日 08時00分 公開
特集/連載

クラウドの目的は?――CIOと業務部門幹部で意識のズレが顕在化変化してきたクラウドの利用実態

Gartnerが世界10カ国で行った調査の結果、CIOと業務部門幹部の間でクラウド導入の目的に意識のズレが生じていることが分かった。さらに、パブリッククラウド導入を阻む新たな要素が明らかになった。

[Karl Flinders,Computer Weekly]
Computer Weekly

 CIOやIT部門の管理職がクラウドへの移行を検討するのはそのイノベーションとアジリティが主な理由だが、経験の浅いITスタッフや業務部門の幹部はコスト削減を主な決め手に挙げている。企業内にこのようなズレがありながらも、米Gartnerは2015年までにオンプレミスに導入される新規ソフトウェアは17%にすぎないと予想している。

Computer Weekly日本語版 2月4日号号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月4日号号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 Gartnerは2014年に、SaaS、IaaS、PaaSの利用について、米国、ブラジル、メキシコ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、韓国、オーストラリアの10カ国を対象にアンケートを実施し分析を行った。その結果、クラウドサービスに投資する主な理由がコスト全体の削減にあると答えたのは44%だったという。

 同社によれば、クラウド導入の試験段階は終わり、ミッションクリティカルなシステムのクラウド移行が始まっている。

 「SaaSを導入する理由に挙げられたのは、開発とテストの運用ワークロードやミッションクリティカルなワークロードのためというのが最も多かった」とGartnerリサーチ部門のバイスプレジデント、ジョアン・コーレイア氏は話す。

 「以前の調査では、SaaSの早期導入は比較的小規模なパイロットプロジェクトに重点が置かれていた。だがそのユースケースに変化が起こり、現状ではプロジェクトがミッションクリティカルな運用レベルに移っている。これは、営業支援システム(SFA)や電子メールを運用している営業部門以外の多くの業務を簡単にクラウドに展開できるようになっている証拠だ」

CIOと経営幹部の意識のずれ

 だが、クラウド導入の決め手についてCIOと経営幹部の意識は食い違ったままだ。「CIOがクラウドを使って目指す極めて重要な効果は、運用面のアジリティとビジネスを優位に保つ近代的かつ革新的なIT環境の確立だ。それに対して、IT部門以外のビジネスリーダーはいまだにクラウドをコスト削減の手段と考えており、クラウドサービスを利用するビジネス上のメリットや戦略的ビジネスチャンスを十分理解していない」

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...