聴診器と同じようにタブレットを携帯――増えるIT医師に必要なインフラとは?医療スタッフも患者も気軽にネット接続する時代に

ほぼ全ての医師が勤務時間中にモバイルデバイスを使用している。医療機関はワイヤレスインフラを拡充し、このトレンドに対応する必要がある。

2015年03月02日 08時00分 公開
[Trevor Strome,TechTarget]

 医療現場において、タブレットとスマートフォンは聴診器と同じくらい普遍的な存在になっている。2013年に実施した調査では、日々の臨床活動でスマートフォンを使用している医師は86%、タブレットを使用している医師も半数以上いることが明らかになった。現時点では、この数値がさらに高くなっていることは間違いない。この調査では、2014年までに90%以上の医師がスマートフォンを導入し、ほぼ同数の医師がタブレットを使用するようになると予想している。医療現場でモバイルデバイスが普及するのは非常に理にかなっているといえる。

モバイルデバイスが医療現場で普及する2つの理由

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...