2015年03月02日 08時00分 公開
特集/連載

聴診器と同じようにタブレットを携帯――増えるIT医師に必要なインフラとは?医療スタッフも患者も気軽にネット接続する時代に

ほぼ全ての医師が勤務時間中にモバイルデバイスを使用している。医療機関はワイヤレスインフラを拡充し、このトレンドに対応する必要がある。

[Trevor Strome,TechTarget]

 医療現場において、タブレットとスマートフォンは聴診器と同じくらい普遍的な存在になっている。2013年に実施した調査では、日々の臨床活動でスマートフォンを使用している医師は86%、タブレットを使用している医師も半数以上いることが明らかになった。現時点では、この数値がさらに高くなっていることは間違いない。この調査では、2014年までに90%以上の医師がスマートフォンを導入し、ほぼ同数の医師がタブレットを使用するようになると予想している。医療現場でモバイルデバイスが普及するのは非常に理にかなっているといえる。

モバイルデバイスが医療現場で普及する2つの理由

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...