2015年04月03日 12時00分 公開
特集/連載

今どきPCは2年で買い替えが当たり前? 失敗しない企業向けPCの選び方特選プレミアムコンテンツガイド

PCの買い替えサイクルは従来「3〜4年」が一般的だった。だが近年では「2年ごとの買い替えが妥当」とする意見もある。また、業務の生産性にも直結する企業向けPCの選び方は実はあまり知られていない。

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

Windows 10 | Chromebook | 教育IT


クリックでダウンロードページヘ

 PCはこれまで「3〜4年」ごとの買い替えが一般的だった。だが、ビジネススピードの加速やワークスタイルの変革などに伴い、ITを取り巻く環境は大きく変化している。そうした中、果たして従来型の買い替えサイクルが得策といえるのだろうか。近年では、「2年ごとの買い替えが妥当」とする意見もある。その根拠と効果について考察する。

 また、ビジネス用PCと一般用PCの違いをご存じだろうか。製品自体の違いはもちろんのことだが、選び方にも違いがあるのである。ビジネス用PCの選び方は、業務の生産性に直結するにもかかわらず、実はあまり知られていないのが現状だ。

 本資料では、PCの買い替えサイクルについてあらためて考えるとともに、失敗しないビジネス用PCの選び方について分かりやすく説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...