2015年11月09日 12時00分 UPDATE
特集/連載

【前編】Gartner Symposium/ITxpoリポート『カールじいさんの空飛ぶ家』は“早く失敗する”文化が生み出した、Pixar社長が語る

米Gartnerが最近開催した年次イベントから、「失敗の2つの側面」「コグニティブコンピューティングに賭けるIBM」「データ責任者と分析責任者の違い」といったトピックを取り上げる。今回はその前編。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

Gartner | CIO


ik_tt_pixar01.jpg Gartner Symposium/ITxpoでは、Pixar社長の他、米IBMの会長兼社長兼CEO バージニア・ロメッティ氏らが講演した《クリックで拡大》

 米Pixar Animation Studiosと米Walt Disney Animation Studiosの社長を務めるエド・キャットムル氏は、「われわれの映画はどれも、製作当初はひどい代物だ」と著書で述べたことがよく引用されてきた。同氏は2015年10月に米国オーランドで開催された「Gartner Symposium/ITxpo」で、この言葉は謙遜ではないと数千人の聴衆に語った。

 厳しい自己評価だが、キャットムル氏の言わんとするところは、新しいアイデアが完璧であることはまずないということだ。そこで同氏は自身のチームに、次の傑作を目指す中で繰り返しアイデアを出すこと、さらには失敗することを奨励している。

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...