2015年11月09日 12時00分 公開
特集/連載

『カールじいさんの空飛ぶ家』は“早く失敗する”文化が生み出した、Pixar社長が語る【前編】Gartner Symposium/ITxpoリポート

米Gartnerが最近開催した年次イベントから、「失敗の2つの側面」「コグニティブコンピューティングに賭けるIBM」「データ責任者と分析責任者の違い」といったトピックを取り上げる。今回はその前編。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

Gartner | CIO


Gartner Symposium/ITxpoでは、Pixar社長の他、米IBMの会長兼社長兼CEO バージニア・ロメッティ氏らが講演した《クリックで拡大》

 米Pixar Animation Studiosと米Walt Disney Animation Studiosの社長を務めるエド・キャットムル氏は、「われわれの映画はどれも、製作当初はひどい代物だ」と著書で述べたことがよく引用されてきた。同氏は2015年10月に米国オーランドで開催された「Gartner Symposium/ITxpo」で、この言葉は謙遜ではないと数千人の聴衆に語った。

 厳しい自己評価だが、キャットムル氏の言わんとするところは、新しいアイデアが完璧であることはまずないということだ。そこで同氏は自身のチームに、次の傑作を目指す中で繰り返しアイデアを出すこと、さらには失敗することを奨励している。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

HubSpotに聞く 顧客と自社の成長になぜ「文化」が重要か
企業文化は「第2の製品」。自らが求める価値と行動指針を「カルチャーコード」として定義...

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。