2015年08月21日 15時00分 公開
特集/連載

Googleの「Alphabet」設立に見る、イノベーションとギークの在るべき姿「Googleは石橋をたたいて渡るような企業ではない」

米Googleが新たに設立したAlphabet Inc.は、企業のイノベーション文化を持続することを目的としている。テクノロジー業界にとって、この動きは果たしてどのような意味があるのだろうか。

[Brian Holak,TechTarget]

関連キーワード

Google | CEO | CIO | イノベーション | 経営


Alphabet Inc.の公式サイト《クリックで拡大》

 米Googleに組織再編をちゅうちょする考えはない。たとえそれが、自社自身を全面的に見直すことになってもだ。同社は先日、組織を再編して持ち株会社制に移行すると発表した。主力のインターネット事業をベンチャー事業などから分離し、今後は全ての事業を「Alphabet Inc.」と呼ばれる新会社の傘下で運営する。非常に大きな変更だが、Googleは石橋をたたいて渡るような企業ではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...